肺挫傷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤い矢印が肋骨の骨折でおきた肺挫傷を表す

肺挫傷(はいざしょう Lung Contusion)は、胸部の傷害により引き起こされる外傷である。

肺挫傷は、鈍的外力が直接作用することよって引き起こされるが、外傷に関連する爆傷および衝撃波が原因で引き起こされる場合がある。世界大戦における爆薬の使用で、爆破から肺挫傷を生じたため、認知度を高めた。また、交通事故により同様の衝撃が引き起こされるが、シートベルトエアバッグを使用することで、危険を減らすことができる。