聖隷三方原病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 聖隷三方原病院
Seirei Mikatahara hospital.JPG
情報
正式名称 社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院三方原病院
前身 聖隷保養農園附属病院
標榜診療科 内科、外科他24科
許可病床数

934床
一般病床:810床
精神病床:104床


結核病床:20床
機能評価 一般500床以上:Ver5.0
付加機能評価(リハビリテーション機能、緩和ケア機能)
開設者 社会福祉法人聖隷福祉事業団
管理者 荻野和功(病院長)
開設年月日 1942年昭和17年)12月
所在地
433-8558
静岡県浜松市北区三方原町3453番地
位置 北緯34度47分33秒
東経137度41分25秒
二次医療圏 西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷三方原病院(しゃかいふくしほうじん せいれいふくしじぎょうだんそうごうびょういん せいれいみかたはらびょういん)は、浜松市北区にある病院である。

2015年(平成27年)3月31日に静岡県から24時間体制で高度な救急医療を行う「高度救命救急センター」に指定された[1]地域医療支援病院3次救急指定病院にも指定されている。

特徴[編集]

沿革[編集]

  • 1942年昭和17年) - 当院の前身である「聖隷保養農園附属病院」開設
  • 1973年(昭和48年) - 『聖隷三方原病院』と改称
  • 1981年(昭和56年) - 日本初のホスピス(聖隷ホスピス)開設
  • 1999年平成11年) - ドクターヘリコプター研究事業開始
  • 2001年(平成13年) - ドクターヘリコプター運用開始
  • 2002年(平成14年) - (財)日本医療機能評価機構の認定を受ける
  • 2004年(平成16年) - 新館建築工事が始まる
  • 2008年(平成20年) - 新館「F号館」が完成する
  • 2015年(平成27年)3月31日 - 静岡県が「高度救命救急センター」に指定[1]

聖隷ホスピス[編集]

ホスピスとは悪性腫瘍(しゅよう)などの患者の身体的苦痛を軽減するだけでなく、精神的苦痛、不安なども軽減して、患者やその家族と共に最期まで人間らしく尊厳をもって生きることができるように援助をする施設。聖隷三方原病院のホスピス病棟は、1981年(昭和56年)に日本で初めて開設。1984年(昭和59年)マザー・テレサが訪問。

ドクターヘリ[編集]

  • 当院のドクターヘリは1999年(平成11年)4月に浜松救急医学会の研究事業として運用が開始された。
  • 2001年(平成13年)10月から正式なドクターヘリ導入促進事業として運用を開始した。
  • 県内ではドクターヘリを有する病院が当院と順天堂大学医学部附属静岡病院であり、当院は静岡県西部を主たる運航範囲としている。
  • F号館屋上にヘリポートを有し、毎日平均1、2回の発着がある。

診療科[編集]

診療部[編集]

センター部門[編集]

医療機関の指定等[編集]

アクセス[編集]

聖隷三方原病院内にバスターミナルが併設されている。浜松駅バスターミナルから来る場合は、15番のりばとなる。停留所名は聖隷三方原病院

のりば 路線名 系統 主要経由地 主な行先 備考
2のりば 奥山線 45 根洗・金指・井伊谷・竜ヶ岩洞入口 奥山 上り、下りとも平日の一部の便のみ経由する。
気賀三ヶ日線 40 高台幼稚園・湖東・気賀四ッ角・都筑・三ヶ日 三ヶ日車庫 気賀駅前は経由しない。
高台幼稚園・湖東・気賀四ッ角 気賀駅前
1のりば 姫街道車庫・追分・葵町・市役所南・田町 浜松駅
渋川線 44 三方原・追分・葵町・市役所南・ゆりの木通り
奥山線 45
3のりば 浜北医大三方原聖隷線 100 都田口・三方原営業所・医科大学・小松駅 なゆた浜北・浜北区役所

自家用車の場合、東名高速道路浜松西ICより約15分。

関連施設[編集]

  • 聖隷予防検診センター
  • 聖隷おおぞら療育センター

脚注[編集]

  1. ^ a b “「高度救急」に2病院を指定 県立総合と聖隷三方原”. 朝日新聞(朝日新聞社). (2015年4月1日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]