広島大学病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 広島大学病院
Hiroshima University Hospital 20140127.JPG
診療棟
情報
英語名称 Hiroshima University Hospital
前身 公立広島病院
広島県立医学専門学校附属病院
広島県立医科大学附属病院
広島大学医学部附属病院、広島大学歯学部附属病院
許可病床数

740床
一般病床:720床


精神病床:20床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 国立大学法人広島大学
管理者 茶山一彰(病院長)
開設年月日 2003年
所在地
734-8551
位置 北緯34度22分46.5秒
東経132度28分44.4秒
二次医療圏 広島
PJ 医療機関
テンプレートを表示
入院棟
正面より
歯科
広島大学医学部医学資料館

広島大学病院(ひろしまだいがくびょういん)は、広島県広島市南区にある、国立大学法人広島大学大学病院である。

概要[編集]

1877年の公立広島病院開院以来、統廃合などを繰り返し、2003年に現在の体系となった。病床数は2008年現在で740床(医科700床、歯科40床)、職員数は1,300名以上である。

特定機能病院がん診療連携拠点病院高度救命救急センターに指定されており、広島県における高度先進医療を担う医療機関の一つとして、地域医療における中心的な役割を担っている。

また、「エイズ診療中国四国ブロック拠点病院」「小児がん医療中国四国ブロック拠点病院」に指定されており、同分野での中国四国地方の中心的な医療機関としての役割を果たしている。

当病院は臨床研修指定病院として広島大学医学部歯学部の臨床研修を行う場でもあり、学会より認定された数多くの指導医専門医が在籍し、研修医の指導を行っている。

かつて医学部の附属施設であった広島大学原爆放射線医科学研究所(附置研究所)の臨床部門は、当病院内において診療を行っており、被爆医療の分野では、数々の世界的な業績をあげている。原爆放射線医科学研究所は、広島大学病院旧西病棟跡地に移転した。

また、2013年9月20日に医科と歯科の外来が統合した新しい診療棟が開院した。[1]

沿革[編集]

源流諸校[編集]

県立広島医学校時代[編集]

  • 1877年5月:県立広島医学校校内に公立広島病院を設置。

広島県立医専時代[編集]

  • 1945年2月:広島県立医学専門学校を設立し、県立病院を附属病院とする。
  • 1947年2月:呉市立市民病院および呉市立呉病院が県に移管され、前者を附属医院本院、後者を阿賀分院とする。

旧制広島県立医大時代[編集]

  • 1947年12月:附属病院音戸分院設置。
  • 1948年3月:県立医科大学の開設を認可された。附属病院二河分院設置。
  • 1950年12月:二河分院閉鎖。
  • 1952年2月:附属医院を附属病院に改称。

広島医大時代[編集]

  • 1956年4月:附属病院(本院・阿賀分院・音戸分院)が国に移管され広島大学医学部附属病院となる。
  • 1956年11月:音戸分院廃止。
  • 1957年9月:阿賀分院廃止。

広島大学時代[編集]

  • 1957年9月:現在地(広島市南区霞1丁目2番3号)に移転。
  • 1967年9月:歯学部附属病院設置。
  • 1969年3月:歯学部附属病院工事完了。
  • 2003年10月:医学部附属病院と歯学部附属病院を統合し、広島大学病院となる。
  • 2006年11月:広島大学東広島キャンパスに大学病院歯科の分院(広島大学歯科診療所)が開院。
  • 2007年3月:大学病院歯科の耐震改修工事が完了。
  • 2013年9月:医科と歯科の外来を統合した診療棟が開院。

診療科[編集]

医科[編集]

歯科[編集]

その他、口腔総合診断室、地域連携歯科診療部、歯と口の健康管理室、あんしん歯科治療室、言語治療室などがある。

指定[編集]

交通アクセス[編集]

  • 広島駅から
  • 西広島駅(己斐)から
    • 「旭町行き(大学病院経由)」乗車, 大学病院入口下車(広電バス 10号線
  • 横川駅から
    • 「大学病院行き(比治山トンネル経由)」乗車、終点下車(広島バス 23-1号線)
    • 「大学病院行き(八丁堀経由)」乗車, 終点下車(広島バス 23号線)
    • 「仁保車庫行き」乗車, 大学病院南門下車(広島バス 7号線)

その他[編集]

2007年9月に『広島大学病院の最新治療がわかる本』を南々社より出版した。医科・歯科を含めた大学病院での最新治療を紹介する本で、各科の専門医が症例ごとに執筆している。このような本を大学病院が出すのは初めての試みであり、注目される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]