感染防止衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

感染防止衣(かんせんぼうしい)とは救急活動時に感染防止のため着用する服装である。

東京消防庁の感染防止衣のイラスト

概要[編集]

感染防止衣は救急隊被服といえる、救急活動に関わる機関も着用することがある。

着用する機関とそれぞれの特色[編集]

消防機関[編集]

日本の消防では救急隊のほか、救急支援や救助活動時に救助隊(レスキュー隊)やポンプ隊等も着用する。基本的には資器材扱いの場合が多いが、救急隊はほぼ被服といえる[1]

水色が一般的だが救助隊(レスキュー)用にオレンジ色の物を取り入れる消防本部もある[2]

東京消防庁では部隊によってデザインが違う上に救急隊とポンプ隊は洗濯して再利用できる新型のナイロン素材タイプだが、特別救助隊消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)は動きやすい不織布製の使い捨てタイプと使い分けている(ただし、消防救助機動部隊の救急救命士は救急隊と同様)。


海上保安庁[編集]

海上保安庁でも特殊救難隊機動救難士が海上での救助活動や救急搬送を担っているために着用している[要出典]

医療機関[編集]

各機関により違うがドクターカー出動等でスタッフが着用している場合がある[要出典]

着用基準[編集]

感染症出血など感染の可能性がある患者に対してだけではなく、特に救急隊は常時着用している場合も多い[要出典]

使用後[編集]

不織布製等の使い捨てタイプが主流だったが、近年はナイロン製やゴアテックスで耐久性や防水機能に優れ、洗濯して数年使え再利用できるタイプがある[3]

出典・参考[編集]

  • 『Jレスキュー特別編集』イカロス出版
  • 『Jレスキュー』イカロス出版
  • 救急隊関係各法令
  • 北消防署ツイッター twitter.com/kita_meichan/status/458169694420082689 [出典無効]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 救急係
  2. ^ 救助隊の服装
  3. ^ 感染防止衣

外部リンク[編集]