大蔵大臣アワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大蔵大臣アワー ふところ放談
ジャンル 教養番組情報番組政治)、トーク番組
出演者
製作
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1965年2月18日 - 1965年5月20日
放送時間 木曜23:00 - 23:30(初回のみ)
23:15 - 23:45(第2回以降)
放送分 30分
回数 14
テンプレートを表示

大蔵大臣アワー ふところ放談』(おおくらだいじんアワー ふところほうだん)は、1965年2月18日 - 5月20日の間、毎週木曜23時台に日本テレビ系列で放送された情報教養番組。提供は、宇部興産八幡製鉄富士製鉄[1]

概要[編集]

「政治と台所を結びつける」ことを狙いに制作された番組で、当時の大蔵大臣田中角栄自民党所属)をメインに、経済関係の諸問題について、レギュラー陣の経済評論家やゲストを交えて談じるトーク番組[2]政府広報番組ではなく、民間企業がスポンサー提供する一般番組の扱いであった。同系列局が存在しない新潟県(田中の地元)[3]では、TBS系列新潟放送で毎週木曜6時と金曜午後の2回にわたりスポンサーを付けずに放送された。

民間企業が提供する番組に国務大臣が出演し、実質的に自民党のPRや自身のPRを行っていたことが国会でも問題になり、半年の放送予定が3ヶ月(14回)で打ち切りとなった。

出演者[編集]

レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

その他[編集]

  • 田中の地元である新潟県新潟放送では、再放送を含め、スポンサーなしで週2回放送した[1]
  • 番組終了後の6月3日に、田中は3年近く在任した大蔵大臣を退任し、自由民主党幹事長となった。
  • 後継番組『20世紀の顔』が7月15日に開始するまでの間は、7週にわたって、折からの第7回参議院議員通常選挙7月3日投票)に関連した特別番組がこの時間帯を埋めたが、田中は自由民主党幹事長として、その一部に出演している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 放送お騒が史1960~1969―局や局員の事件事故・規制・放送中止・不祥事・テレビ珍事件を読む放送年表”. 坂本衛. 2015年12月29日閲覧。 “日本テレビが初の大臣レギュラー番組「大蔵大臣アワー・ふところ放談」を週1で放送開始。田中角栄の、田中角栄による、田中角栄のための番組で、提供は宇部興産、八幡製鉄、富士製鉄。半年分のスポンサーが決まっていたが、あまりにも露骨なPR番組だったため、13回で打ち切りに。なお、田中角栄の地元局である新潟放送は、同番組を週2回スポンサーなしで放映して、ヨイショに努めた。”:記述の中で「13回で」とあるのは、「14回」の誤り。
  2. ^ a b c “小汀氏らが聞く 「ふところ放談」 大蔵大臣アワー”. 朝日新聞・朝刊: p. 9. (1965年2月18日). "... 直接、間接に家庭のお台所に影響する問題をとりあげて、蔵相の話を聞く。聴き手は経済評論家小汀利得、小林七郎、電電公社調査役影山裕子の三氏、ゲストは福島慶子さん。"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ 新潟の日本テレビ系列局は、1968年開局の新潟総合テレビ(開局当時はJNN以外の3系列オープンクロスネット)まで存在しなかった(1981年4月にテレビ新潟が日本テレビ系単独系列局として開局し、現在に至る)。
  4. ^ 福島慶子は、評論家、随筆家で、福島繁太郎夫人。初回以降、第3回、第6回、第7回にも出演していたことがテレビ欄の記載からわかる。