宇部鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇部鉄道
Ube Railroad Head Office.jpg
本社外観(1926年)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
山口県宇部市大字小串1959-4[1]
設立 1941年(昭和16年)12月11日[1]
業種 鉄軌道業
事業内容 旅客鉄道事業、バス事業 他[1]
代表者 代表者取締役 渡辺剛二[1]
資本金 2,950,000円(払込額)[1]
特記事項:上記データは1943年(昭和18年)4月1日現在[1]
テンプレートを表示

宇部鉄道株式会社(うべてつどう)は、かつて存在した日本鉄道会社。現在の宇部線にあたる鉄道路線などを建設した。

概要[編集]

宇部新川駅(初代)
1914年撮影。現在の宇部興産ビル付近。

明治期以降、山口県厚狭郡宇部村(現・宇部市)は宇部炭鉱を中心とした鉱工業により急速な発展を遂げていた。しかし、1900年(明治33年)12月3日に三田尻駅(現・防府駅) - 厚狭駅間を開通した山陽鉄道は、同村が産炭地として知られる以前に計画されたこともあり村内を通らず、また最寄りの小野田駅は、村の中心地として人口が集積し始めていた同村新川地区から厚東川をはさみ道程約10km以上離れた地点にあった。

1910年(明治43年)7月1日には、宇部村の要請で隣接する同郡厚南村宇部駅が開設されたものの、村内に鉄道駅が開設されたわけではなく、鉄道輸送網から取り残された状況は変わらなかった。このため、同年4月21日に公布されていた軽便鉄道法に基づき、宇部興産の創業者である渡辺祐策を総代とし、村田増太郎、林仙輔(第2代宇部市長)、高良宗七(第3代宇部市議会議長、宇部紡績社長)、庄晋太郎(のちの立憲政友会衆議院議員)、新川元右衛門、三隅哲雄(のちの立憲民政党衆議院議員)、名和田正、俵田軍太郎ら9人の発起により、同年12月16日に軽便鉄道敷設免許(厚狭郡宇部村西新川-同郡厚南村宇部駅間)を申請、翌1911年(明治44年)6月28日に敷設認可を受けた[2]

これを受け、同年12月18日宇部軽便鉄道株式会社を設立、社長には村田増太郎が就任し、本社は宇部村西新川に置かれた。なお当初は資本金を8万円とし、軌間762 mm、線路敷地は借地、厚東川の架橋は木造橋とする計画であったが、厚東川の川幅と水量に対して木造橋では安全性が確保できないとして認可が下りなかったため、資本金を10万円(設立時には15万円に増資)とし、厚東川の架橋に鉄桁を採用する計画に変更した[2]

線路敷設のための実測調査は、1912年(明治45年)1月から大倉組に委託して行われた[2]。調査の結果、宇部鉄道設立の趣旨でもある「陸路からの石炭輸送」を達成するためには山陽本線との直通運転が必要であると判断し、同線と同じく軌間1,067 mmとすることが決まった[2]。なお、後年開通した船木鉄道は軌間762 mmを採用した結果、宇部駅での乗り換え、あるいは貨物の積み替えが必要となり、輸送機関としての利便性が劣ることとなった。のちに同鉄道は軌間1,067 mmへの改軌工事を実施している。

当時は山口県内での鉄道敷設事例が少なかったため、長崎県島原鉄道を視察に行くなど苦労もあった[2]が、沿線各村の協力もあって用地買収・敷設工事は順調に進み、1914年大正3年)1月9日宇部新川駅(初代) - 宇部駅間 (4.12M=6.7km) が開通し[3][4]、途中駅として藤山駅、岩鼻駅、開作駅の3駅が設置された[2]

1921年(大正10年)12月20日に商号を宇部鉄道株式会社に変更した[注釈 1]1923年(大正12年)8月1日、宇部新川駅 - 床波駅間延伸に伴い宇部新川駅を現在地に移転し、翌1924年(大正14年)8月17日には床波駅 - 本阿知須駅(現・阿知須駅)間が開通した。さらに翌1925年(大正15年)9月1日、本阿知須駅 - 小郡駅(現・新山口駅)間が開通し、宇部駅 - 小郡駅間の路線が全通した。

1941年昭和16年)12月1日、宇部電気鉄道との合併に伴い解散し、新たに宇部鉄道株式会社として設立。1943年(昭和18年)2月25日には戦時買収に伴う実地踏査が行われ[5]、同年5月1日に宇部鉄道全線が国有化された[6][7]

鉄道事業の国有化後も会社自体は存続し、宇部電気鉄道により開始されたバス事業[8]を継続していたが、翌1944年(昭和19年)12月28日に最後の株主総会を開催し会社解散を決議。バス事業は宇部市に買収され、現在の宇部市交通局の前身となっている。

車両[編集]

1915年(大正4年)の開通以来、蒸気機関車による客貨輸送を行っていたが、1929年(昭和4年)11月に小郡駅(現在の新山口駅) - 西宇部駅(現在の宇部駅)間を直流1,500 Vにより電化したことに伴い、旅客輸送用として電車を保有することとなった。一方、貨物列車は蒸気機関車牽引のままであった。また、1936年(昭和11年)には、輸送力増強用に気動車(ガソリンカー)も導入している。

1941年(昭和16年)には宇部電気鉄道との合併により、直流600 V用の電気機関車と電車を引き継いでいる。両社の路線間には連絡線が敷設されたが、電化方式の違いから電気車の直通は行われず、貨車のみが直通した。

1943年(昭和18年)の国有化時点で、蒸気機関車3両(旧宇部鉄道。通算所属数は6両)、電気機関車3両(旧宇部電気鉄道)、電車16両(旧宇部鉄道10両、旧宇部電気鉄道6両)、気動車2両(旧宇部鉄道)、貨車x両が在籍していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 会社商号変更日については諸説あるが、『わが町の鉄道史 小野田線を歩く』によると、鉄道省文書に「大正10年12月20日 船木区裁判所藤曲出張所に於いて商業登記変更」とある。なお、同文書によると同年12月17日は臨時株主総会で合併を決議、12月21日は鉄道大臣に合併を届け出た日である。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『地方鉄道及軌道一覧. 昭和18年4月1日現在』(国立国会図書館デジタルコレクション)
  2. ^ a b c d e f 『わが町の鉄道史 小野田線を歩く』 p.17
  3. ^ “軽鉄開通式と宇部の賑ひ” (日本語). 関門日々新聞 (下関市: 関門日々新聞社). (1914年1月9日) 
  4. ^ 『わが町の鉄道史 小野田線を歩く』 p.141
  5. ^ “宇部鉄道の国鉄移管で調査” (日本語). 宇部時報 (宇部市: 宇部時報社). (1943年2月25日) 
  6. ^ “宇部線が国鉄に移管” (日本語). 宇部時報 (宇部市: 宇部時報社). (1943年5月1日) 
  7. ^ 「鉄道省告示第84号」『官報』1943年4月26日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  8. ^ 1934年時点『全国乗合自動車総覧』(国立国会図書館デジタルコレクション)

参考文献[編集]

  • 宇部市史編纂委員会 『宇部市史』通史篇 下巻、宇部市、1993年5月1日
  • 高木義英 『宇部鉄道株式会社史』 宇部鉄道株式会社、1942年
  • 小野田市歴史民俗資料館 『わが町の鉄道史 小野田線を歩く』小野田市歴史民俗資料館 研究叢書第3集、小野田市教育委員会:小野田市歴史民俗資料館、2003年10月1日
  • 日本国有鉄道 『日本国有鉄道 百年史』第11巻、日本国有鉄道、1973年ASIN B000J9QSOE
  • 宇部時報社 『うべ歴史散歩』 宇部時報社、2002年

関連項目[編集]