宇部市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
宇部市長から転送)
移動: 案内検索
うべし
宇部市
Flag of Ube, Yamaguchi.svg
宇部市旗
Symbol of Ube Yamaguchi.svg
宇部市章
1922年大正11年)5月7日制定
日本の旗 日本
地方 中国地方
山陽地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 山口県
団体コード 35202-1
面積 287.71km²
総人口 171,063
推計人口、2014年2月1日)
人口密度 595人/km²
隣接自治体 山陽小野田市山口市美祢市
市の木 くすのき[1]
市の花 サルビアツツジ[1]
市の彫刻 蟻の城
宇部市役所
所在地 755-8601
山口県宇部市常盤町一丁目7番1号[2]
北緯33度57分5.7秒東経131度14分48.2秒
宇部市役所
外部リンク 宇部市の公式サイト

宇部市位置図

― 市 / ― 町

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

宇部市(うべし)は、山口県西部の周防灘瀬戸内海)に面した

目次

概要[編集]

山口県西部の拠点都市の一つであり、県内では下関市山口市に次ぎ3番目となる約17万人の人口を擁する(1km²当たりの人口密度は防府市下松市に次ぐ県内第3位の604.0人[3])。本市を中心として人口約26万人の宇部都市圏が形成されているほか、福岡県北九州市などとの交流も深く、関門都市圏の一部でもある[4]

宇部市の前身である宇部村は、江戸時代まで厚狭郡南部の半島状地形の先端部にある一寒村であったが、明治以降に宇部炭鉱での採炭が本格化したことで炭鉱都市として急速に発展した。石炭産業は後に宇部興産の一部となり、現在でも同社は本社機能の一部および主力生産拠点を市内に置いている。市の沿岸部は同社を中心とした工業地帯が形成されており、宇部港津久見港大分県)、苅田港福岡県)に次いで国内3位のセメント輸出量を誇る[5]など、北九州工業地帯瀬戸内工業地域の一翼を担う。

炭鉱採掘とともに人口が急増したこともあり、1921年大正11年)に村制から町制を経ずに市制に移行し、厚狭郡から離脱した[6]。山口県内では下関市に次いで2番目の市制施行であり、村から市に直接昇格した例は全国的にも珍しい[注釈 1]

地理[編集]

地勢[編集]

市中心部を流れる真締川
小野湖

山口県南西部の瀬戸内海側に位置する。市域は県中西部を南北に貫流する厚東川水系の下流域および有帆川水系の上流域にあたり[7]、南は周防灘に突き出した半島状地形の先端部から、北は中国山地の丘陵地帯におよぶ[8]。厚東川河口付近の両岸に広がる平野部および海岸沿いの平地に市街地が広がり、人口集中地区を形成する[9]

南部の平地は大部分が海底炭田により埋め立てられた跡地であり、「鵜の島」「浜町」などの地名はその名残である。市の中部から北部にかけて穏やかな山地が広がっており、近年は工業団地や新興住宅地の建設などにより開発が進められている。

また、市西部の厚南地区は「中野開作」「妻崎開作」などの地名に見られるように、大部分が稲作を目的とした干拓により開墾された地域である。このため、かつて同地区は水田が広がる田園地帯であったが、近年は国道190号沿線やゆめタウン宇部周辺を中心にロードサイド店舗の進出が活発化し、分譲マンションの建設が行われるなど市街化が著しい。

かつては宇部市に属するが複数存在したが、いずれも干拓埋め立て等により消滅し、最後まで残った鍋島山口宇部空港の滑走路延伸工事のため埋め立てられ1999年(平成11年)に消滅した[10]

広袤(こうぼう)[編集]

国土地理院世界測地系によると、宇部市の東西南北それぞれの端は以下の位置で[14]、東西の長さは16.5km、南北の長さは27.4kmである[8]

北端
北緯34度10分2秒東経131度19分01秒
西端
北緯34度03分08秒東経131度11分00秒
中心点 東端
北緯34度07分17秒東経131度22分45秒

南端
北緯33度55分23秒東経131度15分59秒

市勢[編集]

  • 面積:287.71km²
  • 人口:175,166人
    • 男性:83,395人
    • 女性:91,771人
  • 世帯数:77,593世帯

(2009年(平成21年)末)

隣接している自治体[編集]

気候[編集]

宇部市
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
53
 
9
2
 
 
70
 
10
3
 
 
116
 
13
5
 
 
132
 
18
10
 
 
169
 
22
15
 
 
259
 
25
19
 
 
286
 
29
24
 
 
109
 
31
25
 
 
145
 
28
21
 
 
65
 
23
15
 
 
67
 
17
9
 
 
48
 
12
4
気温(°C
総降水量(mm)
出典:気象庁 気象統計情報 平年値[15]
降水量は1981年 - 2010年の平均
気温は2002年 - 2010年の平均

年間を通じて天気や湿度が安定し、雨も比較的少ない典型的な瀬戸内海式気候とされる[16]。しかし、中国山地の西端部の地域に位置するため冬の季節風が完全には遮られず、他の瀬戸内海側の都市と比べると冬季の降水日数がやや多いなど日本海側気候の特徴も見られる。

過去の観測史上最高気温は 35.1 ℃(2004年7月31日)で、同最低気温は -5.8 ℃(2011年1月16日)である[17]

宇部市は全国的にも地震の発生率が低い地域である[18]が、台風高潮による被害は過去に幾度か受けたことがあり、特に1942年(昭和17年)の周防灘台風や1991年(平成3年)の台風19号、1999年(平成11年)の台風18号などは本市に大きな被害をもたらした(詳細は「歴史」節を参照)[19]

市域が南北に細長いこともあり、市街地が広がる南部の平地で降雪・積雪するのは年に数日のみである一方、小野地区や万倉地区をはじめとする北部地域では、日本海側ほどではないものの南部より降雪・積雪は多い。

過去に豪雪の被害を受けたことがあり、昭和38年1月豪雪期間中の1963年(昭和38年)1月23日には山口県立宇部農業高等学校(現・山口県立宇部西高等学校)前で積雪21cmが観測されたほか、市内では最大50cmの積雪を記録した[19]1968年(昭和43年)2月16日の豪雪では電柱が折れるなどして市内全体のうち7割の世帯や事業所が停電した[19]

2009年(平成21年)7月19日から同年7月26日にかけて発生した平成21年7月中国・九州北部豪雨の際には、7月21日に10分間あたりの降水量では観測史上最大となる 28.5mmを記録した[17]。市内では北部地域を中心に被害を受け、小野地区で土石流等の土砂災害が多発したほか、二俣瀬地区や厚東地区では厚東川の水位上昇による水害が発生し、各地で道路の寸断が生じた[20]

気象庁天気予報を発表する際の一次細分区域は「山口県西部」[注釈 2]警報注意報の発表に用いる二次細分区域は「宇部・山陽小野田」に含まれる[21]

宇部市の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 15.8
(60.4)
17.9
(64.2)
23.3
(73.9)
26.6
(79.9)
29.7
(85.5)
32.1
(89.8)
35.1
(95.2)
34.8
(94.6)
33.4
(92.1)
28.4
(83.1)
23.6
(74.5)
17.7
(63.9)
35.1
(95.2)
平均最高気温 °C (°F) 9.2
(48.6)
10.4
(50.7)
12.9
(55.2)
17.7
(63.9)
21.9
(71.4)
25.4
(77.7)
28.8
(83.8)
30.5
(86.9)
28.0
(82.4)
22.9
(73.2)
17.1
(62.8)
11.8
(53.2)
19.7
(67.5)
平均最低気温 °C (°F) 2.1
(35.8)
2.8
(37)
5.1
(41.2)
9.8
(49.6)
14.5
(58.1)
19.3
(66.7)
23.5
(74.3)
24.8
(76.6)
21.4
(70.5)
14.9
(58.8)
9.0
(48.2)
4.3
(39.7)
12.6
(54.7)
最低気温記録 °C (°F) −5.8
(21.6)
−3.2
(26.2)
−2.0
(28.4)
2.1
(35.8)
6.7
(44.1)
11.6
(52.9)
17.5
(63.5)
18.6
(65.5)
12.9
(55.2)
4.4
(39.9)
1.3
(34.3)
−4.2
(24.4)
−5.8
(21.6)
降水量 mm (inch) 53.2
(2.094)
69.5
(2.736)
115.5
(4.547)
132.3
(5.209)
168.6
(6.638)
259.3
(10.209)
286.1
(11.264)
108.6
(4.276)
145.4
(5.724)
64.7
(2.547)
67.4
(2.654)
48.1
(1.894)
1,518.6
(59.787)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 9.3 8.8 11.4 9.6 9.5 11.7 10.3 7.5 9.1 6.0 7.9 8.2 109.3
出典 1: 気象庁 気象統計情報 平年値(年・月ごとの値)[15]
出典 2: 気象庁 気象統計情報 観測史上1 - 10位の値(年間を通じての値)[17]

人口[編集]

Demography35202.svg
宇部市と全国の年齢別人口分布(2005年) 宇部市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 宇部市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
宇部市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 161,241人
1975年 169,926人
1980年 176,620人
1985年 182,505人
1990年 182,526人
1995年 182,771人
2000年 182,031人
2005年 178,955人
2010年 173,678人
総務省統計局 国勢調査より

市政[編集]

市長[編集]

2012年1月現在、久保田后子が市長を務める。2009年(平成21年)6月28日執行の宇部市長選挙で初当選した。

選挙の結果は以下のとおりであった[22]


※当日有権者数:140,551人 最終投票率:39.75%(前回比:+8.3ポイント)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
久保田后子 54 無所属 38,660票 -% -
五島博 53 日本共産党 10,424票 -% -
中司正彦 66 無所属 5,425票 -% -

歴代市長[編集]

歴代宇部市長の就任・退任年月日および経歴等は以下の通り[22]

氏名 就任年月日 退任年月日 備考
国吉亮之輔 1922年3月22日 1926年3月21日
2 林仙輔 1926年4月6日 1928年6月30日 宇部共同義会結成者、帝国議会衆議院議員
3 紀藤閑之介 1928年7月1日 1929年4月20日 宇部時報創刊者、宇部共同義会会長
4-5 国吉信義 1929年4月21日 1935年12月16日 宇部曹達初代社長、東見初炭鉱社長、宇部興産取締役
6 紀藤閑之介 1935年12月17日 1938年7月29日 宇部時報創刊者
7-8 伊藤勘助 1938年7月30日 1946年1月21日
9-10 西田文次 1946年2月19日 1951年4月4日
11-12 三隅順輔 1951年4月23日 1959年4月30日 沖宇部炭鉱取締役
13-15 星出壽雄 1959年5月1日 1969年3月28日
16 西田竹一 1969年5月18日 1973年5月17日
17 新田圭二 1973年5月18日 1977年5月17日 宇部興産取締役山陽無煙鉱業所長
18-20 二木秀夫 1977年5月18日 1987年6月18日 学校法人宇部学園理事長、市長退任後に参議院議員2期、科学技術政務次官、中安閑一宇部興産会長の
21-22 中村勝人 1987年8月9日 1993年6月12日 元宇部市社会福祉協議会会長
23-26 藤田忠夫 1993年7月18日 2009年7月17日 建設省道路局国道1課長
27 久保田后子 2009年7月18日 現職 山口県議会議員

市議会[編集]

宇部市議会議員の定数は28人で、現員も同数である[23]。任期は2011年(平成23年)5月1日から2015年(平成27年)4月30日まで[23]

  • 議長 : 杉山 孝治(すぎやま たかはる)
    • 副議長 : 植松 洋進(うえまつ ひろのぶ)

2012年8月13日現在の会派構成は以下の通り。

会派名 議席数 議員名=◎は代表者
新政会 7 ◎志賀光法、重枝尚治、山下憲章、植松洋進(副議長)、青木晴子、兼広三朗、唐津正一
新風会 6 ◎笠井泰孝、高井仁、岩村誠、射場博義、田中文代、城美暁
清志会 4 ◎河崎運、黒川康弘、猶克実、山下節子
日本共産党 4 ◎荒川憲幸、岡本公一、眞鍋恭子、時田洋輔
公明党 4 ◎新城寛徳、村上恵子、安藤巧、長谷川浩二
市民連合 2 ◎柴田敏彰、宮本輝男
無所属 1 杉山孝治(議長)

行政機構[編集]

宇部市の行政機構は2009年(平成21年)12月25日に改められ、総務管理部、総合政策部、市民環境部、健康福祉部、産業経済部、土木建築部、下水道部の7部および公園整備局、工事検査室に再編された[24]

[表示]をクリックすると一覧を表示

市役所[編集]

宇部市役所の位置は、1955年(昭和30年)11月24日に現在地(宇部市常盤町一丁目7番1号)と定められた[2]。本庁舎の他に、小串庁舎、港町庁舎を置く。このほか宇部市では、市長権限を分掌する施設として総合支所を1箇所[25]、市民センター(支所)を7箇所[26]、出張所を2箇所[27]設置している。

  • 本庁舎
  • 港町庁舎
  • 小串庁舎

総合支所[編集]

楠総合支所
  • 楠総合支所

市民センター[編集]

  • 東岐波市民センター
  • 西岐波市民センター
  • 厚南市民センター
  • 原市民センター
  • 厚東市民センター
  • 二俣瀬市民センター
  • 小野市民センター

出張所[編集]

  • 万倉出張所
  • 吉部主張所

公営企業[編集]

国政・県政[編集]

国の行政機関[編集]

県の行政機関[編集]

山口県宇部総合庁舎
  • 山口県宇部総合庁舎
    • 宇部土木建築事務所
    • 宇部県税事務所
    • 宇部県民局
  • 山口県宇部港湾総合庁舎
    • 宇部港港湾管理事務所
  • 厚東川ダム管理事務所
  • 山口宇部空港
    • 山口宇部空港事務所
    • 消防防災航空センター
  • 宇部健康福祉センター
    • 宇部環境保健所
  • 厚東川工業用水水道事務所
  • 山口県産業技術センター

公共機関[編集]

警察
宇部警察署が、山口東京理科大学の敷地を除く市内全域を管轄している[28]
消防
消防業務は宇部・山陽小野田消防局が担当しており、現在市内には2消防署3出張所がある。
市内の消防署およびその出張所と管轄区域は以下の通り。
  • 中央消防署 - 東岐波、西岐波、常盤、恩田、岬、見初、上宇部、川上、神原、琴芝、新川、小羽山、鵜ノ島および藤山小学校の通学区域[29]
    • 東部消防出張所
  • 西消防署 - 厚南、黒石、西宇部、原、厚東、二俣瀬、小野、船木、万倉および吉部小学校の通学区域[29]
    • 北部消防出張所、楠消防出張所
司法

文化施設[編集]

ホール・集会場
美術館・博物館・資料館
図書館
  • 宇部市立図書館
  • 山口大学医学部図書館
  • 山口大学工学部図書館
  • 宇部市学びの森くすのき(図書館)
スポーツ施設
  • 西部体育館
  • 宇部市武道館
  • サンライフ宇部
  • パルセンター宇部
  • 東岐波体育広場
  • 東部体育広場
  • 厚南体育広場
  • 黒石体育広場
  • 楠若者センター
  • 楠体育広場
  • 楠テニスコート
  • 楠西山運動広場


歴史[編集]

地名の由来[編集]

地名の由来については諸説あり、

  1. 地元名産植物であるムベ (トキワアケビ)が繁茂していた地域がムベと呼ばれ、これが転訛し「ウベ」になったという説。
  2. 海辺の景観に由来。つまり、「ウミベ」の読みが転訛し「ウベ」になったという説。
  3. 応神天皇が設置した宇治部の部民が住んだ地域が宇治部里(うじべり)と呼ばれ、これが転訛し「宇部里」になったという説。

以上の3説が主なものである[30]

12世紀の歌集「散木奇歌集」で源俊頼が詠んだ歌の中に、「むべ」「むへ」という地名があり、これが文字の記録として歴史上初めて宇部の地名が登場したものであるとされる[30]

むべ といふとまりにて、さきの木にゐてなきければ、ところからにや身にしみてよめる
鳥の音も涙もよほす心ちして むへこそ袖はかはかさりけれ

源俊頼 、 『散木奇歌集』

また、1335年建武2年)に厚東武実が持世寺に土地を寄進した際の書状「厚東武実寄進状案」(持世寺文書)には、漢字の「宇部」という地名が初めて登場している[31][32]

『持世寺文書』

奉寄進
長門國厚東持世寺
宇部郷内田地事

厚東武実 、 『厚東武実寄進状案』

年表[編集]

古代[編集]

中世[編集]

霜降城跡

近世[編集]

近代[編集]

初代宇部新川駅は、現在の宇部興産ビル付近にあった。(1914年撮影)
常盤公園と常盤池(1926年撮影)

現代[編集]

厚東川ダム
興産大橋(宇部興産専用道路)

市域の変遷[編集]

1921年(大正10年)の市制施行以来、宇部市は周辺の町村を編入合併することにより市域を拡大してきた[6]。宇部市として最初の合併である1931年(昭和6年)の厚狭郡藤山村編入を皮切りに、1941年(昭和16年)に厚東川対岸の厚狭郡厚南村を編入、1943年(昭和18年)には吉敷郡西岐波村と合併した[6]。なお、かつて長門国に属していた宇部市(当時)と周防国に属していた西岐波村が合併したことにより、現在の宇部市は市域内に旧国境が通っている。

1953年(昭和28年)から1961年(昭和36年)に至る「昭和の大合併」の動きの中においては、1954年(昭和29年)に宇部市が厚狭郡の厚東村、二俣瀬村、小野村および吉敷郡東岐波村を編入合併した[6]ほか、1955年(昭和30年)には厚狭郡の船木町、万倉村、吉部村が合併し楠町が誕生した。

また、1999年(平成11年)年から2000年代前半期を中心とした「平成の大合併」の動きの中においては、2001年(平成13年)7月9日に周辺の小野田市美祢市阿知須町、楠町、山陽町美東町秋芳町(いずれも当時)とともに「宇部小野田地域市町村合併調査研究会」を設置した。その後、2002年(平成14年)12月27日には前述の3市5町から美祢市および美祢郡を除く宇部市、小野田市、阿知須町、楠町、山陽町の2市3町(宇部市の5%通勤圏)で構成する任意合併協議会を設置し特例市への移行を目指したが、新市の名称や市庁舎の位置について意見が割れ、同協議会は2003年(平成15年)1月20日に休会となった。休会直後の2月4日には宇部市、阿知須町、楠町の1市2町からなる「宇部市・阿知須町・楠町合併研究会」が発足したが、阿知須町が「山口県央部合併協議会」への参加を表明したため、2月24日に宇部市と楠町の1市1町で「宇部市・楠町合併研究会」を設置した。

上記の動きの中で、宇部市と楠町は「将来的に宇部小野田地域を視野に入れた広域合併を目指す」との共通理解のもと、あくまで「先行合併」を行うとの位置づけで「宇部市・楠町合併協議会」を設置し、約1年間の協議の後2004年(平成16年)3月26日に合併協定書の調印を行い、同年11月11日に宇部市が楠町を編入した。結果、平成の大合併において最初の動きとなった宇部小野田地域市町村合併調査研究会の構成市町は、最終的に宇部市、山陽小野田市(小野田市、山陽町)、美祢市(美祢市、美東町、秋芳町)、山口市(阿知須町)の4市に分散した。

町村制施行
(1889年)
明治から戦前までの合併
宇部市制施行・楠町制施行
昭和の大合併
(1953年 - 1961年)
平成の大合併
(1999年 - 2000年代前半)
現在
厚狭郡宇部村 宇部村 1921年11月1日
宇部市
宇部市 宇部市 宇部市 宇部市 宇部市 宇部市
厚狭郡藤山村 1931年8月1日
宇部市に編入
厚狭郡厚南村 1941年10月20日
宇部市に編入
吉敷郡西岐波村 1943年11月1日
宇部市に編入
厚狭郡厚東村 1954年10月1日
宇部市に編入
厚狭郡二俣瀨村
厚狭郡小野村
吉敷郡東岐波村
厚狭郡船木村 1917年9月1日
船木町
1955年4月1日
楠町
2004年11月1日
宇部市に編入
厚狭郡万倉村
厚狭郡吉部村

経済[編集]

産業[編集]

ANAクラウンプラザホテル宇部

2005年(平成17年)に実施された第18回国勢調査によると市内の15歳以上就業者総数85,543人[注釈 3]に対し、第一次産業へ2,947人、第二次産業へ23,774人、第三次産業へ56,824人が就業している[38]

宇部興産を中心とした重化学工業を基幹産業としており、製造品出荷額は山口県内第5位[注釈 4]の 48,131,355万円である[注釈 5][39](詳細は「工業」節を参照)。

商業面では、1990年代以降における郊外への大型商業施設の出店攻勢の影響で中心部の商店街が衰退した一方、幹線道路沿線などへのロードサイド店舗の出店は盛んに行われており、市内全体の商業施設売場面積は増加傾向にある[40]。市内の小売業売場面積の合計は265,285平方メートル、同事業所数合計は1,627で、いずれも下関市、山口市に続く県内第3位である[注釈 6][41](詳細は「商業」節を参照)。

主な産業[編集]

(産業別事業所数上位5位まで。2006年10月1日現在)[42]

  1. 卸売・小売業 2,223
  2. サービス業 1,413
  3. 飲食店・宿泊業 952
  4. 建設業 849
  5. 医療・福祉 479

産業人口[編集]

(産業別就業者数上位5位まで。単位・人。2006年10月1日現在)[42]

  1. 卸売・小売業 16,561
  2. 製造業 12,425
  3. サービス業 10,954
  4. 医療・福祉 10,208
  5. 建設業 6,968

産業団地[編集]

2012年1月現在、宇部テクノパーク、宇部臨空頭脳パーク、瀬戸原団地、神元団地等の主要産業団地に合計46事業所が立地している[43][44][45]

宇部市内の主な産業団地
団地名称 進出事業所数/区画数 事業主体 備考 出典
宇部新都市テクノセンター 0/13 地域振興整備公団(現・都市再生機構 土地所有者は山口県土地開発公社および宇部市土地開発公社。 [46][47]
宇部テクノパーク 6/23 山口県土地開発公社
宇部市土地開発公社
[43][48]
宇部臨空頭脳パーク 11/18 中小企業基盤整備機構 [44][49]
小野田・楠企業団地 0/4 山口県土地開発公社
小野田市土地開発公社(現・山陽小野田市土地開発公社)
山陽小野田市にまたがる。データは宇部市内分のみ。 [50][51]
瀬戸原団地 第1工区 16/16 山口県土地開発公社
宇部市土地開発公社
[45]
第2工区 6/6
山口テクノパーク 6/6 中小企業基盤整備機構 山口市にまたがる。データは宇部市内分のみ。 [45][52]
神元・第2神元団地 1/1 山口県土地開発公社 [45]

宇部市イノベーション大賞[編集]

宇部市では、市内の産業団地において革新的な事業を実施する事業者から事業計画を募集し、最も優れたものに対し宇部市が上限1億円の奨励金を交付する制度「宇部市イノベーション大賞」を2010年度(平成22年)より実施している。

農林水産業[編集]

農業[編集]

宇部市の全ての農家の戸数は2,676戸で、うち販売農家は1,776戸である[注釈 7][53]。販売農家の内訳は、専業農家が445戸、兼業農家が1,331戸(うち第1種兼業農家が174戸、第2種兼業農家が1,157戸)である[注釈 7][54]。また、耕地面積は 2,770haで、うち田耕地面積が2,250ha、畑耕地面積が522haである[55]

山口宇部農業協同組合(JA山口宇部)が宇部市全域の農業協同組合業務を行っており、市内には38の生産組織が設置されている[56]。農業従事者の高齢化や農地転用が進んだことで、農家数および農地面積は減少傾向にあり[注釈 8][57]、同組合では担い手の育成と農地の有効活用を最重要課題としている[58]

人口が集中する市中心部の周辺地域では近郊農業が行われており、東部の西岐波、東岐波両地区ではイチゴキャベツキュウリハクサイブロッコリーホウレンソウミカンミニトマト等、西部の厚南地区ではニンジンレンコン等の生産が盛んである[59]

北部の小野地区は「小野茶」で知られるお茶の名産地であり、その生産量は県内最大である[60]ほか、ズッキーニの産地でもある[59]。また、万倉地区ではナスパセリはなっこりーの生産が盛んである[59]

林業[編集]

林家の戸数は、967戸(2005年2月1日)で、2000年の1,248戸と比較して281戸減少しており、減少傾向にある[61]。林産物生産量は、5,245m³(2010年)である[62]

水産業[編集]

漁業経営体数は、358(2008年11月1日)で、1998年の経営体数568と比較して210減少しており、減少傾向にある[63]

漁獲量は 2,734t(2009年)で、内訳は以下の通りである[64]

  1. 水産動物類 1,663t
  2. 魚類 856t
  3. 貝類 215t

工業[編集]

宇部興産宇部地区工場群

明治期から石炭産業で栄え、その後セメント硫安の製造などとも結びつき発展してきた。企業間の合併買収の過程を経て宇部興産はその中心となってきたため、宇部市は同社の“企業城下町”であるとされている。現在も同社を中心に同社の関連企業、取引業者が集積しており、瀬戸内工業地域北九州工業地帯の一角を担う一方で、エネルギー需要の変化とともに基幹産業の一つであった石炭採掘事業は1960年代に終焉を迎えた。

1980年代以降は科学技術産業の蓄積を模索し、高度技術工業集積地域開発促進法(テクノポリス法)に基づきテクノポリス(宇部フェニックステクノポリス)の母都市に指定された。この構想によって、宇部市周辺に多数の工業団地が造成され、市内には山口日本電気(現・ルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング)山口工場などの半導体工場が進出している。

なお、炭鉱の閉山以降も宇部興産は石炭事業として海外炭の輸入販売、貯炭事業を行っており、同社が宇部港沖ノ山地区に開設している貯炭施設「沖の山コールセンター」は国内最大規模のものである[65]

2000年代以降は電力産業の進出も見られ、2004年(平成16年)から宇部興産の電力卸供給事業 (IPP) 部門としてユービーイーパワーセンター発電所(出力21.6万kW)が稼働している[66]。このほか、中国電力、山口宇部ソーラー、JR西日本の3社が宇部市内に大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設を予定している。

事業者名 事業名等 出力 備考 出典
中国電力 宇部太陽光発電所(仮称) 3,000kW 新宇部発電所の跡地の一部に建設 [67]
山口宇部ソーラー 宇部テクノパークメガソーラー事業 1,250kW - [1]
西日本旅客鉄道(JR西日本) - 5,000kW - [2]

工業事業所数は 234(2008年)で、産業別事業所数上位5位までの内訳は以下の通りである[68]

  1. 一般機械器具 54
  2. 金属製品 29
  3. 食料品 29
  4. 化学工業製品 17
  5. 出版・印刷・同関連品 15

工業従業員数は 11,158人(2008年)で、産業別従業員数上位5位までの内訳は以下の通りである(単位:人)[68]

  1. 化学工業製品 3,063
  2. 電子デバイス 2,118
  3. 一般機械器具 1,942
  4. 食料品 870
  5. 金属製品 595

工業製品等出荷額は 54,850,057万円(2008年)で、産業別出荷額上位5位までの内訳は以下の通りである(単位:万円)[68]

  1. 化学工業製品 27,768,589
  2. 電子デバイス 9,630,332
  3. 一般機械器具 6,096,245
  4. 窯業・土石製品 3,093,759
  5. 鉄鋼 1,727,396

商業[編集]

金融機関や企業支店が立ち並ぶ平和通り(宇部市道常盤通り宇部新川線)
宇部新天町名店街(ハミングロード新天町)
宇部中央銀天街
中央町三丁目土地区画整理事業施工地区
宇部中央壱番街

宇部市の商業は、炭鉱採掘による石炭産業の隆盛とともに発展してきた。海岸の各炭鉱を中心として商店街が発達したことで、東西約5kmにわたり帯のように広がる市街地が形成された。

太平洋戦争中の1945年8月、市街地中央部の宇部市役所(現在の宇部郵便局付近)周辺地域は米軍による空襲の被害を受け、一部の建物を除き全焼した。空襲の被害を受けた市街地は、戦災復興都市計画により幅員50mの常盤通りをはじめとした都市基盤の整備が進んだことで1950年代には復興し、宇部新天町名店街を中心に多数の商店街を形成した。

一方、空襲の被害が少なかった新川地区中央町等では戦後まもなく闇市が発生した。この地区は宇部新川駅から宇部興産へ徒歩で通勤する炭坑労働者の通り道でもあり、後に宇部中央銀天街、三炭町商店街、興産通り商店街等の商店街が形成され宇部市内最大の商業地区となった。

1960年代になり炭鉱が閉山すると宇部市の人口は急減し、帯状に広がった市街地の両翼に当たる藤山地区・岬地区等の商店街が衰退していった。閉山の影響は中心市街地にもおよび、主要な商店街のひとつであった三炭町商店街では多くの店舗が閉店したが、市中心部には「大和(だいわ)中央店」「大和(だいわ)駅前店」「ダイエー宇部店(後に「Let's O9」)」「宇部丸信」「エムラ宇部支店」「宇部井筒屋(現・山口井筒屋宇部店)」等、多数の商業施設があったこともあり、これらを核店舗とした宇部中央銀天街、新川駅前商店街、宇部新天町名店街等の商店街では影響は少なく、1970年代ごろには最盛期を迎える。

1983年10月、宇部市の西側に隣接していた当時の小野田市(現・山陽小野田市)に大型ショッピングセンター(SC)のサンパークおのだ(現・おのだサンパーク)が開業した。モータリゼーションが進展しつつあった宇部都市圏において、無料の大型駐車場を備える大型SCの開業は市中心部の商業にも大きな影響を与え、これ皮切りに中心商店街から郊外型の大型SCへと客足は遠退いていった。

1990年代に入ると、郊外への大型SCのさらなる出店と中心市街地の既存商業施設の閉店が相次いだ。1995年2月、売り上げの減少と店舗の老朽化を受け大和駅前店が中央店に統合される形で閉店した[40]。その翌年の1996年3月、宇部市の東側に隣接していた当時の阿知須町(現・山口市)にサンパークあじすが開業し、これと入れ替わる形で同年8月にLet's09が閉店した[40]。大型SCの進出は周辺市町から宇部市内にもおよび、同年9月にゆめタウン宇部、翌1997年3月にハイパーモールメルクス宇部が開業した。1998年末、大和中央店が店じまい宣言をし一旦閉店したものの、地元住民からの再開要望を受け大幅に規模を縮小した上で営業を再開した。再開した同店は商店街の核となる大型店とは言い難く、この時点で宇部中央銀天街は事実上核店舗を失った。1999年3月、宇部都市圏で最大の売り場面積をもちシネマコンプレックス等の娯楽施設も備えたフジグラン宇部が開業した[40]。中心部から近く車で容易にアクセスできる同SCの開業は中心商店街にさらなる打撃を与え、宇部東宝等の中小規模映画館が相次いで閉店したほか、2000年2月には宇部新天町名店街の核店舗であった宇部丸信が破綻した[40]

これら一連の流れの中で、1982年に2,800店を超えていた宇部市内の小売業の商店数は2007年までに約1,600店舗に減少した一方、同売り場面積は約16万mm²から265,285m²に、年間商品販売額は約150,000百万円から約174,936百万円に増加している[40]。中心部(神原・新川地区)の年間商品販売額は1991年に60,000百万円を超えた[40]が、バブル景気崩壊後の消費不況や前述のように消費者が郊外へと流れたこともあって、2007年には約36,438百万円に減少している[41]

商業事業所数は 2,061(2007年度)で、1994年度の事業所数3045に対し984減少しており減少傾向にある。内訳は以下の通りである。

  1. 飲食料品小売業 556
  2. 織物・衣服・身の回り品小売業 176
  3. 自動車・自転車小売業 163
  4. 家具・じゅう器・機械器具小売業 134
  5. 機械器具卸売業 134

年間商品販売額は 46,985,249万円(2007年度)で、1994年度の55,589,316万円に対し5,604,067万円減少しており減少傾向にある。内訳は以下の通りである(単位:万円)。

  1. 建築材料、鉱物・金属材料卸売業 10,658,169
  2. 機械器具卸売業 6,642,282
  3. 飲食料品小売業 5,308,065
  4. 飲食料品卸売業 4,704,245
  5. 自動車・自転車小売業 2,417,488
宇部市内の主な商店街と構成団体[編集]

2011年現在、宇部市内には下記26団体の商店街組織がある[69]

中心市街地
その他
  • 西岐波商興会
  • 床波商店会
  • 昭和町一丁目商店会
  • 錦町商店会
  • 錦町六丁目商店会
  • 上宇部商店会
  • 小羽山商店会
  • 厚東商興会
  • 二俣瀬商興会
  • 西宇部商店街振興会
  • 東新川商工繁栄会
  • 吉部商工連盟
  • 船木商工連盟
  • 万倉商工連盟
宇部市内の主な商業施設・量販店[編集]
山口井筒屋宇部店
レッドキャベツ宇部新天町店

2011年現在、宇部市の中心市街地には、以下のような大規模小売店鋪が存在する。

郊外に多くの店舗が出店している。

主な企業[編集]

宇部市内に本社・本店・本部を置く主な企業[編集]
宇部興産宇部本社
太陽家具百貨店本社・宇部本店
宇部市内に主力拠点を置く主な企業[編集]
宇部市発祥の企業[編集]
金融機関[編集]
山口銀行宇部支店
宇部郵便局

県内では数少ない三菱東京UFJ銀行(宇部支店、徳山支店のみ)と福岡銀行西日本シティ銀行(両行とも宇部支店、下関支店のみ)の支店が立地している。福岡銀行については1998年に支店を閉鎖した後、2010年に再出店している。

その他[編集]
証券業
保険業
旅行代理店
上記の他、かつては日本旅行山口宇部支店があった(2010年に山口市新山口駅へ移転、山口支店に改称)。
卸売業
上記の他、かつては住友商事宇部支店があった(2001年に中国支社へ統合。同社は2007年を最後に国内の全ての支店を廃止している。)。
建設業
ソフトウェア販売会社
物流業
管工事業
機械製造・販売

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

海外[編集]

文化[編集]

花と緑と彫刻のまち[編集]

市内のときわ公園とその中にある緑と花と彫刻の博物館(ときわミュージアム)の野外彫刻展示場(旧・宇部市野外彫刻美術館)は、箱根の箱根 彫刻の森美術館と並んで、野外の彫刻美術館としては国内の双璧をなす。国内屈指の彫刻ビエンナーレであるUBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)の会場としても全国的にその名が知られており、同展は若手彫刻家の登竜門となっている。

村野藤吾と宇部[編集]

宇部興産ビル

市内には村野藤吾の建築作品が散在しており、主なものとして村野の最初期の作品である宇部市渡辺翁記念会館や生前最後に完成した宇部興産ビル等がある。宇部市渡辺翁記念会館については、村野自身も「私の出世作」と語っており[73]、2005年(平成17年)12月27日には村野の作品として初めて国の重要文化財に指定された[74]。また、実現はしなかったものの、「宇部図書館」「宇部商工会議所」「宇部鉱業会館」等の建設計画の設計図が、現在も村野・森建築事務所に保管されている[73]

宇部市内にある村野藤吾の作品の一覧

伝統芸能[編集]

  • 南蛮音頭 - 石炭の巻き上げ装置である「南蛮車」を押しながら歌われた仕事唄を現代化したもの[75]
  • 岡田屋百手神事(宇部市指定無形文化財)

食文化[編集]

吉部地区には特産の米を活かした「幽霊寿司」という珍しい食文化が残っている[60]。これは、白米が食べられることへの感謝をこめた押寿司で、色白の「幽霊」を表現するため表面に具材を置かないのが特徴である[60]。現代に見られる色白で足のない幽霊のイメージは江戸時代に形成されたものであり、「幽霊寿司」という名称からも成立時期は江戸時代以降とする説が有力である[60]

宇部市を舞台とした作品[編集]

映画
アニメーション

メディア[編集]

新聞
放送

地域[編集]

健康[編集]

山口大学医学部附属病院

宇部市の平均寿命は男性が77.3歳、女性が85.0歳である[76]。市内には山口大学医学部附属病院宇部興産中央病院国立病院機構山口宇部医療センターの3つの病院をはじめ、多数の大規模病院が点在しており、人口1万人あたりの病院・診療所数は全国第38位、人口1万人あたりの医師数は全国第19位(山口県内第1位)である[77]

市内にある主な医療機関[編集]

教育[編集]

大学[編集]

山口大学小串キャンパス(医学部)
国立
  • 山口大学
    • 常盤キャンパス(工学部)
    • 小串キャンパス(医学部)
私立

高等専門学校[編集]

高等学校[編集]

公立
私立

中学校[編集]

公立
  • 宇部市立東岐波中学校(ひがしきわ)
  • 宇部市立西岐波中学校(にしきわ)
  • 宇部市立常盤中学校(ときわ)
  • 宇部市立上宇部中学校(かみうべ)
  • 宇部市立神原中学校(かみはら)
  • 宇部市立桃山中学校(ももやま)
  • 宇部市立藤山中学校(ふじやま)
  • 宇部市立厚南中学校(こうなん)
  • 宇部市立厚東中学校(ことう)
  • 宇部市立小野中学校(おの)
  • 宇部市立川上中学校(かわかみ)
  • 宇部市立黒石中学校(くろいし)
  • 宇部市立楠中学校(くすのき)
私立

小学校[編集]

  • 宇部市立東岐波小学校(ひがしきわ)
  • 宇部市立西岐波小学校(にしきわ)
  • 宇部市立恩田小学校(おんだ)
  • 宇部市立上宇部小学校(かみうべ)
  • 宇部市立岬小学校(みさき)
  • 宇部市立見初小学校(みぞめ)
  • 宇部市立琴芝小学校(ことしば)
  • 宇部市立神原小学校(かみはら)
  • 宇部市立新川小学校(しんかわ)
  • 宇部市立鵜ノ島小学校(うのしま)
  • 宇部市立藤山小学校(ふじやま)
  • 宇部市立厚南小学校(こうなん)
  • 宇部市立原小学校(はら)
  • 宇部市立厚東小学校(ことう)
  • 宇部市立二俣瀬小学校(ふたまたせ)
  • 宇部市立小野小学校(おの)
  • 宇部市立常盤小学校(ときわ)
  • 宇部市立小羽山小学校(おばやま)
  • 宇部市立西宇部小学校(にしうべ)
  • 宇部市立川上小学校(かわかみ)
  • 宇部市立黒石小学校(くろいし)
  • 宇部市立吉部小学校(きべ)
  • 宇部市立万倉小学校(まぐら)
  • 宇部市立船木小学校(ふなき)

特別支援学校[編集]

専修学校・各種学校[編集]

  • YICビジネスアート専門学校(旧山口情報ビジネス専門学校)
  • 山口医療福祉専門学校

観光[編集]

ときわ公園
石炭記念館
常盤遊園地

市の東部に遊園地や動物園等を併設した総合公園のときわ公園がある。同公園では野外彫刻の国際コンクール・展覧会のUBEビエンナーレが隔年で開催されており、「大賞(宇部市賞)」と「宇部興産賞」に選ばれた作品は、宇部市が買いあげた上で市内各所に展示している[78]。毎年7月下旬に宇部港で開催される宇部市花火大会は単独開催の花火大会としては山口県内最大規模である[79]。毎年11月に中心市街地で開催される宇部まつりには市内外から多くの人々が来場している。

近年では、宇部都市圏の企業や行政機関等の団体で構成する宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会が中心となって、宇部興産の工場や専用道路(宇部興産専用道路)のほか、地域の産業施設を見学する産業観光ツアーが開催されている[80]

市内にある主な観光地[編集]

ときわ公園
温泉
海水浴場
ゴルフ場
産業
史跡・自然・名勝
神社・仏閣等

主な祭事・催事[編集]

月日 行事 場所 備考
1月下旬 中国山口駅伝競走大会 国道190号(山口市方面)
起点:宇部市役所
3月中旬 くすのきカントリーマラソン 楠・小野地区
起終点:万倉ふれあいセンター付近
3月下旬 岡田屋百手神事 岡田屋公会堂 宇部市指定無形民俗文化財
4月3日 さくらまつり ときわ公園
4月24日 北向地蔵大祭 北向地蔵
5月1日 宇部市八十八夜お茶まつり アクトビレッジおの付近
5月3日-5日 新川市まつり 中心市街地
6月12日 しょうぶまつり ときわ公園
7月下旬 宇部市花火大会 宇部港
8月上旬 小野湖交流ボート大会 小野湖
8月28日 ときわサマーフェスタ ときわ公園
9月中旬 空の日記念フェスティバル 山口宇部空港
10月-11月 UBEビエンナーレ ときわ公園 隔年開催
11月上旬 宇部まつり 中心市街地
12月 TOKIWAファンタジア ときわ公園

名産品[編集]

交通[編集]

市の中央部を山陽自動車道(宇部下関線)が貫き、鉄道山陽本線宇部線小野田線が通ずるほか、重要港湾の宇部港と市街地に近接した定期旅客便発着空港である山口宇部空港を擁し、陸・海・空の交通網が整備されている[78]

空港[編集]

山口宇部空港国内線ターミナルビル

第3種空港から第2種空港に昇格した唯一の空港であり、1980年(昭和55年)に滑走路を2000mに延長しジェット化対応した。2001年(平成13年)には滑走路が2500mに延伸され大型機の就航も可能となり、2002年(平成14年)に日本航空東京国際空港便が就航したことでダブルトラック化した。

かつては、大阪国際空港新千歳空港那覇空港にも航空路線が就航していたが、現在は全日本空輸と日本航空の東京国際空港便のみとなっている。

鉄道路線[編集]

宇部線の電車

宇部市内を通る鉄道路線として、西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陽本線宇部線小野田線がある。このうち山陽本線と宇部線は幹線、小野田線は地方交通線に指定されている。山陽本線は、宇部市が工業都市として発展を始める以前に計画・建設が行われたこともあって当時宿場町などが発展していた山陽道に並行するルートで建設され、宇部を迂回した。このため、地元資本により宇部鉄道や宇部電気鉄道などの鉄道会社が設立され、市の中心部への鉄道路線建設および宇部地域の石炭輸送を目的に、現在の宇部線・小野田線にあたる鉄道路線が建設された。

一方、江戸時代に旧山陽道の宿場町として栄えた船木(旧・楠町の中心集落)では、山陽鉄道(現在の山陽本線)が南方へ迂回して敷設されたことに伴い、地元資本が中心となって設立した船木軽便鉄道(のち船木鉄道)により軌間762mmの軽便鉄道が建設された。同鉄道はその後全線に渡って軌間1067mmへの改軌工事を実施し、船木以北への路線延長を進めていった。最盛期には美祢郡美東町(現・美祢市)への路線延長する免許も取得していたが、戦時中の鉄材供出による一部区間の休止や沿線の石炭産業の斜陽化に伴い利用客が減少し、1961年に全線が廃止となった。

宇部線は市の中心部を通る都市型路線であり、また戦前から電化されるなど比較的早期に整備が進んだ路線であったが、貨物輸送の減退後からは設備の更新が進まず、現在では全線が単線であり運行本数も毎時1本-2本と利便性が悪く、高速運転が行えないなどといった事情から、都市輸送機関としての役割を果たしているとはいえない状況にある。また、中心市街地周辺を除く郊外では鉄道駅周辺の基盤整備が進まず、同路線に並行する国道190号などの幹線道路沿線を中心に無秩序な市街地化(スプロール現象)が進んだため、鉄道沿線では人口も少ない。このため、市内を通る鉄道路線の利用者数は近年一貫して減少傾向にある。

中心となる駅[編集]

宇部新川駅
宇部駅

市の中心駅にあたるのは宇部線の宇部新川駅である。

山陽本線の宇部駅は、市名を冠する駅であるものの前述の経緯から市の郊外(厚南地区)に位置している。なお、1943年に宇部鉄道が国有化され宇部線となった際に、同線の宇部新川駅は「宇部駅」に、山陽本線の宇部駅は「西宇部駅」に改称されたが、1963年に宇部商工会議所等の地元団体から元の名称に戻すよう要望が提出された[81]こともあり、1964年に再び改称し現在の駅名となった経緯がある。

市内を通る鉄道路線[編集]

西日本旅客鉄道

廃線となった路線[編集]

  • 船木鉄道:西宇部駅 - 有帆駅 - 字中村駅 - 船木町駅 - 裁判所前駅 - 宗方駅 - 伏附駅 - 万倉駅 - 矢矯駅 - 今富駅 - 峠駅 - 大棚駅 - 吉部駅

バス[編集]

宇部中央バス停
宇部市営バス
船木鉄道

市内の一般路線バスは以下の3社が運行している。

宇部新川駅前バスセンターおよび宇部中央バス停中央町)を中心に市内各地に路線が延びている。市街地から厚南地区へ向かう路線は3事業者が運行しており、他方面に向かう路線と比べて本数が多い。

市内を経由する高速バスとして、宇部新川駅前を経由して山口市と福岡市を結ぶ「福岡・山口ライナー」(中国JRバスJR九州バス)が運行されている。

かつては東京都方面へ向かう「ふくふく東京号」、大阪市方面へ向かう「ふくふく大阪号」や、広島市方面へ向かう「ふくふく広島号」、北九州市方面へ向かう「宇部・小野田 - 小倉線」が運行されていたが、いずれも廃止された。

タクシー[編集]

道路[編集]

市内の道路網は、市の沿岸地域を結ぶ国道190号が東西方向の主要な軸となっている。国道2号も宇部市域を通過するが、市街地から離れた旧山陽道の街道筋にあたる厚東地区・船木地区を通過しており、通過交通が主体となっている。南北方向は厚東川の左岸を国道490号が、厚東川の右岸を県道小野田美東線が貫いており、これらが主要な交通軸を形成している。

宇部市内には長らく高速道路が通っていなかった(中国自動車道が市の北部をかすめるのみであった)が、2001年(平成13年)に市街地の北縁を東西に結ぶ山陽自動車道宇部下関線が開通し、国道490号との交点に宇部ICが設置された。このほか、国道190号の交通混雑解消や宇部都市圏の連携強化等を目的として、地域高規格道路山口宇部小野田連絡道路の一部区間である宇部湾岸道路の整備が進められており、2013年(平成25年)までに西中町ICから東須恵ICまでの区間が開通している。

市内にある主な道路等[編集]

宇部湾岸道路(栄川運河橋)
国道490号(参宮通り)
琴芝町付近の上り方面
宇部興産専用道路
高速道路自動車専用道路
一般国道
主要地方道
一般県道
その他

宇部市内の通り[編集]

中心市街地
名称 方向 起点 終点 道路路線名 制定年月日
常盤通り 東西 松山町一丁目 中央町 国道190号
参宮通り 南北 明治町 琴崎町 市道参宮通り線・国道490号
海岸通り 東西 明神町 新町 市道東海岸通り線
小串通り 南北 中央町二丁目 小串 市道小串通り線・県道342号琴芝際波線
栄町通り 南北 東本町 総合庁舎前 市道栄町通り線
平和通り 東西 中央町 宇部新川駅 市道常盤通り宇部新川線
西本町通り 東西 西本町一丁目 西本町二丁目 市道西本町通り線
緑橋通り 東西 相生町 常盤町二丁目 市道緑橋通り線
興産通り 南北 宇部新川駅 興産本社前 市道宇部新川駅通り線
寿橋通り 東西 宇部新川駅 恩田小学校前 市道宇部新川恩田線
産業道路 東西 恩田東 鍋倉 市道神原草江線・県道342号琴芝際波線・小串通り鍋倉線
琴芝駅通り 南北 新天町一丁目 琴芝 市道琴芝通り南京納川津線
浜通り 南北 西中町 小松原町 市道下条浜通り線
中心市街地外
名称 方向 起点 終点 道路路線名 制定年月日
松山通り 東西 松山町二丁目 松山町一丁目 国道190号
工学部通り 東西 常盤台 市道西の宮野中線
空港通り 東西 大沢西 空港前 県道220号宇部空港線

港湾[編集]

宇部港

周防灘に面した重要港湾である宇部港のほか、漁港3港を擁するが、旅客定期航路は就航していない。

  • 宇部港重要港湾
  • 丸尾漁港(第一種漁港)
  • 床波漁港(第二種漁港)
  • 宇部岬漁港(第二種漁港)

出身者[編集]

政治・経済[編集]

文化・芸術・マスコミ[編集]

芸能[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

その他[編集]

  • 市外局番は、0836(20 - 99、宇部MA)で統一されている。
  • 郵便番号は以下の通りとなっている。
    • 宇部郵便局:755-00xx、755-08xx、755-85xx、755-86xx、755-87xx、759-02xx、755-01xx、755-02xx、759-01xx、757-02xx
    • 東吉部郵便局:757-04xx
    • 小野郵便局:754-13xx

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 宇部市以外の例としては、長野県岡谷市兵庫県芦屋市長崎県佐世保市など。
  2. ^ 「山口県西部」には宇部市、下関市、山陽小野田市が含まれる。
  3. ^ 分類不能の産業を含む。
  4. ^ 宇部市より上位の都市は、第1位から順に周南市防府市山陽小野田市下関市である。
  5. ^ 2009年12月31日現在のデータ。
  6. ^ 2007年6月1日現在のデータ。
  7. ^ a b 2005年2月1日現在のデータ。
  8. ^ 『宇部市統計書(平成22年刊)』 p.44によると総農家数は1995年時点で3606戸、また『宇部市統計書(平成22年刊)』 pp.51-52によると耕地面積は2004年時点で2870haであった。なお、『宇部市統計書(平成22年刊)』 p.55によると2009年度の農地転用面積は61,618m²であり、用途別に見ると住宅用地への転用が最も多い。
  9. ^ 本籍は山口県光市
  10. ^ 出生から16歳までを宇部市で過ごした。本籍は岡山県久米郡福渡町(現在の岡山市北区建部町)。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 宇部市|市章・市花・市木”. 宇部市総合政策部広報広聴課広報広聴係 (2011年3月18日). 2012年1月28日閲覧。
  2. ^ a b 宇部市役所の位置を定める条例(昭和30年11月24日 条例第42号)
  3. ^ 人口 - 5 人口密度(1平方km当たり) (XLS)”. 50の指標でみる市町のすがた(平成22年度版). 山口県総合政策部統計分析課調査分析班 (2012年3月30日). 2012年4月8日閲覧。
  4. ^ 今なぜ関門海峡が必要か”. 九州経済連合会関門海峡道路建設促進協議会. 2012年1月28日閲覧。
  5. ^ 山口県/港湾課/PORTS OF YAMAGUCHI・宇部港の概要”. 山口県土木建築部港湾課 (2006年12月6日). 2012年1月28日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j 宇部市|市域の移り変わり”. 宇部市総合政策部広報広聴課広報広聴係 (2011年3月18日). 2012年1月28日閲覧。
  7. ^ 河川流域図(西部エリア)”. 山口県土木建築部河川課. 2012年1月29日閲覧。
  8. ^ a b 風水害対策編 - 第1部 総則 - 第2章 計画の前提条件”. 宇部市地域防災計画. 宇部市総務管理部防災危機管理課防災危機管理係 (2011年3月18日). 2012年1月29日閲覧。
  9. ^ 人口集中地区境界図 (PDF)”. 平成17年国勢調査結果. 総務省統計局. 2012年1月29日閲覧。
  10. ^ “思いでいっぱい「鍋島」 -今年中に消滅-” (日本語). 山口新聞 (下関市: 山口新聞社). (1998年3月16日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/1998/mar/y980316.html 2012年2月7日閲覧。 
  11. ^ a b 宇部市|荒滝山”. 宇部市産業経済部商業観光課ふるさとツーリズム観光係 (2011年3月18日). 2012年1月30日閲覧。
  12. ^ 5 まちづくりの方針(地域別構想) - 北部地域 (PDF)”. 宇部市都市計画マスタープラン(概要版). 宇部市土木建築部都市計画課都市計画係 (2011年3月18日). 2012年1月30日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h i j 宇部市|江戸時代”. 宇部市教育委員会事務局文化財活用推進室文化財係 (2011年3月18日). 2012年1月28日閲覧。
  14. ^ 山口県 市区町村の役所・役場及び東西南北端点の経度緯度(世界測地系)”. 国土交通省国土地理院基本図情報部地名情報課. 2012年1月29日閲覧。
  15. ^ a b 平年値(年・月ごとの値) 宇部”. 気象統計情報. 気象庁. 2012年1月29日閲覧。
  16. ^ 本論 第2章 本市の地域特性 - 2 自然的条件 (PDF)”. 第四次宇部市総合計画 基本構想 2010-2021. 宇部市総合政策部政策推進課政策推進係. p. 10 (2011年3月18日). 2012年1月29日閲覧。
  17. ^ a b c 観測史上1 - 10位の値(年間を通じての値) 宇部”. 気象統計情報. 気象庁. 2012年1月29日閲覧。
  18. ^ 宇部市の産業団地:宇部市の紹介”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月29日閲覧。
  19. ^ a b c d 第5部 資料 - 1-2-1 過去の主な風水害 (PDF)”. 宇部市地域防災計画. 宇部市総務管理部防災危機管理課防災危機管理係 (2011年10月6日). 2012年1月29日閲覧。
  20. ^ 平成21年7月中国・北部九州豪雨”. 宇部市消防団北部方面隊. 2012年1月29日閲覧。
  21. ^ 警報・注意報や天気予報の発表区域図 山口県 (PDF)”. 気象庁 (2011年10月6日). 2012年1月29日閲覧。
  22. ^ a b c 平成21年6月28日執行宇部市長選挙 候補者得票数 (PDF)”. 宇部市選挙管理委員会事務局選挙課選挙係 (2009年6月28日). 2012年1月28日閲覧。
  23. ^ a b 宇部市議会議員名簿
  24. ^ 宇部市行政組織条例(平成21年12月25日 条例第30号)
  25. ^ 宇部市総合支所設置条例(平成16年10月08日 条例第27号)第二条
  26. ^ 宇部市支所設置条例(昭和54年10月01日 条例第29号)第二条
  27. ^ 宇部市出張所設置条例(平成16年10月08日 条例第55号)第二条
  28. ^ "緑と花と彫刻のまち"の安全を守り、宇部警察署のホームページへようこそ”. 山口県警察本部. 2012年1月28日閲覧。
  29. ^ a b 宇部市消防本部及び消防署設置条例(昭和40年12月24日 条例第57号)第三条
  30. ^ a b 宇部市|宇部市ってどんなとこ? 地名”. 宇部市. 2012年1月28日閲覧。
  31. ^ a b c d e f g h 宇部市|平安 - 室町時代(1)”. 宇部市教育委員会事務局文化財活用推進室文化財係 (2011年3月18日). 2012年1月28日閲覧。
  32. ^ 宇部市デジタルアーカイブ うべ蔵くん|コンテンツ詳細(画像):宇部の文化財>持世寺文書”. 宇部市. 2012年1月28日閲覧。
  33. ^ 宇部市デジタルアーカイブ うべ蔵くん|コンテンツ詳細(画像):炭鉱と宇部>宇部共同義会の創立(明治19年)”. 宇部市. 2012年1月28日閲覧。
  34. ^ 『わが町の鉄道史 小野田線を歩く』 p.141
  35. ^ “渋滞緩和に期待、8月21日に湾岸線中央町-中川 開通” (日本語). 宇部日報 (宇部市: 宇部日報社). (2011年5月30日). http://ubenippo.co.jp/2011/05/post-1969.html 2012年1月28日閲覧。 
  36. ^ “地域高規格道路宇部湾岸道路の供用開始に伴う開通式及び開通記念イベントの開催について” (HTML) (プレスリリース), 山口県報道発表, (2011年7月22日), http://www.pref.yamaguchi.lg.jp/press/201107/019373.html 2011年7月24日閲覧。 
  37. ^ おいでませ!山口国体|宇部市実行委員会ホームページ”. 2011年12月24日閲覧。
  38. ^ 12 国勢調査 - (9) 産業(大分類)、従業上の地位、男女別15歳以上就業者数 (XLS)”. 宇部市統計書(平成22年刊). 宇部市総合政策部企画課統計係. pp. 29-30 (2011年12月12日). 2012年1月28日閲覧。
  39. ^ 経済産業省経済産業政策局調査統計部 平成21年 工業統計表[市区町村編] (XLS)”. 経済産業省経済産業政策局調査統計部産業統計室 (2011年4月22日). 2012年1月28日閲覧。
  40. ^ a b c d e f g 第3回宇部市中心市街地活性化協議会 事務局説明資料 (PDF)”. 宇部市土木建築部市街地整備課まちなか活性化推進係 (2011年3月18日). 2012年1月28日閲覧。
  41. ^ a b 平成19年商業統計確報 統計表 第3巻 産業編(市区町村表) (XLS)”. 経済産業省経済産業政策局調査統計部 平成19年 商業統計表. 経済産業省経済産業政策局調査統計部産業統計室 (2008年11月28日). 2012年1月28日閲覧。
  42. ^ a b 13 事業所・企業統計調査 - (2)年次、産業(大分類)別事業所数及び従業者数 (XLS)”. 宇部市統計書(平成22年刊). 宇部市総合政策部企画課統計係. pp. 40 (2011年12月12日). 2012年1月28日閲覧。
  43. ^ a b 宇部市の産業団地:宇部テクノパーク・区画図・料金表”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月28日閲覧。
  44. ^ a b c 宇部市の産業団地:宇部臨空頭脳パーク・区画図・料金表”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月28日閲覧。
  45. ^ a b c d e f g h 宇部市の産業団地:その他の産業団地”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月28日閲覧。
  46. ^ 宇部市の産業団地:宇部新都市・区画図・料金表”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月28日閲覧。
  47. ^ 宇部市の産業団地:宇部新都市・物件概要”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月28日閲覧。
  48. ^ 宇部市の産業団地:宇部テクノパーク・物件概要”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月28日閲覧。
  49. ^ 宇部市の産業団地:宇部臨空頭脳パーク・物件概要”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月28日閲覧。
  50. ^ 宇部市の産業団地:小野田・楠企業団地・区画図・料金表”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月28日閲覧。
  51. ^ 宇部市の産業団地:小野田・楠企業団地・物件概要”. 宇部市産業経済部工業振興課. 2012年1月28日閲覧。
  52. ^ 山口県/企業立地推進室/山口テクノパーク”. 山口県商工労働部企業立地推進室. 2012年1月28日閲覧。
  53. ^ 第1部 農林業経営体調査 農家・林家編 - 7 総農家 - 総農家数及び土地持ち非農家数 (XLS)”. 2005年農林業センサス. 農林水産省大臣官房統計部経営・構造統計課センサス統計室農林業センサス統計班 (2008年3月3日). 2012年1月28日閲覧。
  54. ^ 第1部 農林業経営体調査 農家・林家編 - 7 販売農家 - 専兼業別農家数 (XLS)”. 2005年農林業センサス. 農林水産省大臣官房統計部経営・構造統計課センサス統計室農林業センサス統計班 (2008年3月3日). 2012年1月28日閲覧。
  55. ^ 農林水産関係市町村別データ - 1 耕地面積(2011年1月28日公表) - 山口県 (XLS)”. 農林水産関係市町村別統計. 農林水産省大臣官房統計部生産流通消費統計課企画班 (2011年1月28日). 2012年1月28日閲覧。
  56. ^ 『Report 2010 しあわせハーモニー with you』 p.77
  57. ^ 14 農業センサス (XLS)”. 宇部市統計書(平成22年刊). 宇部市総合政策部企画課統計係. pp. 44-55 (2011年12月12日). 2012年1月28日閲覧。
  58. ^ 『Report 2010 しあわせハーモニー with you』 p.4
  59. ^ a b c 『Report 2010 しあわせハーモニー with you』 p.79
  60. ^ a b c d 宇部市|知恵・技・文化”. 宇部市産業経済部農林振興課農産物振興係 (2010年5月18日). 2012年1月29日閲覧。
  61. ^ 22 保有山林面積規模別林家数 (XLS)”. 宇部市統計書(平成22年刊). 宇部市総合政策部企画課統計係. p. 56 (2011年12月12日). 2012年1月28日閲覧。
  62. ^ Ⅶ 林産物生産 - 2 木材 - (1) 木材の需給 - ウ 市町別素材生産量 (PDF)”. 平成22年度山口県森林・林業統計要覧. 山口県農林水産部森林企画課林産班. p. 60 (2011年12月20日). 2012年1月28日閲覧。
  63. ^ 25 漁業地区別漁業経営体数、動力船隻数、最盛期の海上作業従事者数、漁業従事者世帯数及び一経営体平均漁獲金額 (XLS)”. 宇部市統計書(平成22年刊). 宇部市総合政策部企画課統計係. p. 58 (2011年12月12日). 2012年1月29日閲覧。
  64. ^ 60市町、魚種別漁獲量(海区別) (XLS)”. 平成23年刊山口県統計年鑑. 山口県総合政策部統計分析課統計情報班 (2011年12月22日). 2012年1月29日閲覧。
  65. ^ 宇部港整備事業の紹介 -本港地区航路・泊地整備事業- (PDF)”. 国土交通省中国地方整備局宇部港湾・空港整備事務所. p. 2. 2012年1月28日閲覧。
  66. ^ “宇部興産 ユービーイーパワーセンター発電所が営業運転開始” (日本語) (プレスリリース), 宇部興産, (2004年3月1日), http://www.ube-ind.co.jp/japanese/news/2003/2003_17.htm 2012年2月9日閲覧。 
  67. ^ “山口県宇部市におけるメガソーラー発電所の建設計画について” (日本語) (プレスリリース), 中国電力, (2004年3月1日), http://www.energia.co.jp/press/11/p120201-4.html 2012年2月9日閲覧。 
  68. ^ a b c 30 工業統計調査 (XLS)”. 宇部市統計書(平成22年刊). 宇部市総合政策部企画課統計係. pp. 64-73 (2011年12月12日). 2012年1月29日閲覧。
  69. ^ 宇部市|商店街等一覧”. 宇部市産業経済部商業観光課商業振興係 (2011年3月18日). 2012年1月29日閲覧。
  70. ^ “宇部市と京都府宇治市の災害時相互応援協定締結について” (プレスリリース), 宇部市, (2011年11月11日), http://www.city.ube.yamaguchi.jp/houdou/soumu_bousai/h23/ujishi_saigaikyoutei.html 2012年2月7日閲覧。 
  71. ^ 宇部市|交流の経緯と姉妹都市調印式”. 宇部市総合政策部国際政策課国際政策係 (2011年3月18日). 2012年2月7日閲覧。
  72. ^ 宇部市|交流の経緯と友好都市調印式”. 宇部市総合政策部国際政策課国際政策係 (2011年3月18日). 2012年2月7日閲覧。
  73. ^ a b 宇部市|建築家、村野藤吾と宇部市”. 宇部市総合政策部文化振興課文化施設管理係 (2011年3月18日). 2012年1月29日閲覧。
  74. ^ 国指定文化財等データベース:各棟情報詳細 宇部市渡辺翁記念会館”. 文化庁 (2011年3月18日). 2012年1月29日閲覧。
  75. ^ 宇部市|南蛮音頭”. 宇部市産業経済部商業観光課ふるさとツーリズム観光係 (2011年10月18日). 2012年1月29日閲覧。
  76. ^ 市区町村別平均寿命 (XLS)”. 平成12年 市区町村別生命表の概況. 厚生労働省大臣官房統計情報部 (2004年11月1日). 2012年2月7日閲覧。
  77. ^ 『都市データパック 2010年版』
  78. ^ a b 宇部市|UBEビエンナーレ 現代日本彫刻展”. 宇部市公園整備局緑と花と彫刻の博物館管理課彫刻係 (2011年3月18日). 2012年1月29日閲覧。
  79. ^ V 各部等の主な予算 - 主な市制施行90周年イベントイヤー関連事業調書 (PDF)”. 平成23年度当初予算(案)の概要. 宇部市総合政策部財政課財政係. p. 97 (2011年3月18日). 2012年1月29日閲覧。
  80. ^ 宇部・美祢・山陽小野田 産業観光バスツアー 大人の社会派ツアー”. 宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会. 2012年1月29日閲覧。
  81. ^ 西宇部駅を宇部駅へと改称を要請, 宇部時報, (1963年11月9日) 
  82. ^ “敗戦を前に獄死した市川正一とは?” (日本語). しんぶん赤旗 (日本共産党中央委員会). (2007年8月16日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-08-16/ftp20070816faq12_01_0.html 2012年2月18日閲覧。 
  83. ^ 菅直人公式サイト: プロフィール”. 菅直人を応援する会事務局. 2012年2月18日閲覧。
  84. ^ 『俵田明伝』
  85. ^ 『報道八十年』 p.454
  86. ^ 『中安閑一伝』
  87. ^ 福島啓史郎外務大臣政務官略歴”. 外務省 (2004年9月30日). 2012年2月18日閲覧。
  88. ^ 宇部市 秘書部 秘書課 市長のプロフィール”. 宇部市秘書部秘書課. 2007年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年2月18日閲覧。
  89. ^ 『二木謙吾伝』
  90. ^ 『ベンチャー通信』第8号
  91. ^ 宇部市|渡辺祐策翁と記念会館”. 宇部市総合政策部文化振興課文化施設管理係 (2011年3月18日). 2012年2月18日閲覧。
  92. ^ 個人履歴 - 庵野秀明公式ウェブ”. 庵野秀明. 2012年2月18日閲覧。
  93. ^ a b “<イラク日本人殺害>外務省が2遺体を確認 身元を確認中”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2004年5月27日) 
  94. ^ NHK アナウンスルーム 高山哲哉”. 日本放送協会. 2012年2月18日閲覧。
  95. ^ 原一男全作品”. シネマ ジャック&ベティ. 2012年2月18日閲覧。
  96. ^ 『山口経済月報』 2009年1月 第405号 p.23
  97. ^ ウィキペディア - 俺専用うpろ〜だ〜 まっつーの日記”. まっつー (2011年6月28日). 2012年2月18日閲覧。
    上記の記事で、ウィキペディア内の項目「まっつー」は「東京でアニメーターとして数年間働く」の部分を除き「事実」と表明していることから、項目「まっつー」の2011年6月27日 (月) 01:36 (UTC)の版のうち、「東京でアニメーターとして数年間働く」以外の記述を出典とみなす。
  98. ^ ““寅さん”の生みの親「山田洋次監督 講演会と上映会」の観覧希望者募集について” (日本語) (プレスリリース), 宇部市総合政策部市制施行90周年記念事業推進室, (2011年8月26日), http://www.city.ube.yamaguchi.jp/houdou/sougou_90shuunen/h23/yamadayouji.html 2012年2月18日閲覧。 
  99. ^ 小林愛実 (kobayashi aimi) - EMI Music Japan”. EMIミュージック・ジャパン. 2012年2月18日閲覧。
  100. ^ PROFILE :: 清木場俊介 Official Site”. 清木場俊介. 2012年2月18日閲覧。
  101. ^ 陣内大蔵 オフィシャルサイト:PROFILE”. 陣内大蔵. 2012年2月18日閲覧。
  102. ^ 公益財団法人山口市文化振興財団 公演情報 GRANRODEO LIVE TOUR 2011 SUPERNOVA 凱旋公演”. 公益財団法人山口市文化振興財団. 2012年2月18日閲覧。
  103. ^ 辻畑鉄也 (Tetsuya Tsujihata) (PDF)”. ペリカントラックス. 2012年2月18日閲覧。
  104. ^ Tororin's Profile!”. 西村知美. 2012年2月18日閲覧。
  105. ^ “萌えるまちづくり コスプレ撮影・声優ライブ企画” (日本語). 朝日新聞デジタル朝日新聞 (北九州市: 朝日新聞西部本社). (2011年9月9日). http://digital.asahi.com/articles/SEB201109080030.html 2012年2月18日閲覧。 
  106. ^ 『きらら山口』 No.2 2002秋号 p.3
  107. ^ “宇部在住マジシャン「まんぼうさん」、山口宇部空港でマジックショー” (日本語). 山口宇部経済新聞 (山陽小野田市: ネットウェイズ). (2010年11月19日). http://yamaguchi.keizai.biz/headline/965/ 2012年2月18日閲覧。 
  108. ^ “道重さんがモー娘。入り” (日本語). 宇部時報 (宇部市: 宇部時報社). (2003年1月20日). オリジナル2005年4月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20050426005638/http://www.ubejiho.co.jp/back_no/030120.html 2012年2月18日閲覧。 
  109. ^ 芳本美代子プロフィール”. 芸映. 2012年2月18日閲覧。
  110. ^ 出場校紹介 城西大(2年連続4回目) - 取材日記|全日本大学駅伝”. 朝日新聞社 (2011年9月20日). 2012年2月18日閲覧。
  111. ^ “阪神が有田氏をヘッド招へい 関川氏は外野守備走塁” (日本語). スポニチ Sponichi Annex(スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社). (2011年10月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/10/29/kiji/K20111029001915860.html 2012年2月18日閲覧。 
  112. ^ “宇部商高野球部 玉国監督が退任会見” (日本語). 宇部日報 (宇部市: 宇部日報社). (2006年7月31日). http://ubenippo.co.jp/2006/07/ubenippo-8734.html 2012年2月18日閲覧。 
  113. ^ “高校野球新世紀・第2部 白球列伝 甲子園で開眼の一発屋 藤井進(宇部商) (9)” (日本語). 中国新聞 (広島市: 中国新聞社). (2001年3月23日). http://www.chugoku-np.co.jp/sports/shinseiki/shinseiki-2/010323.html 2012年2月18日閲覧。 
  114. ^ “サッカー五輪代表メンバーに高松選手” (日本語). 宇部日報 (宇部市: 宇部日報社). (2004年7月17日). http://ubenippo.co.jp/2004/07/ubenippo-6309.html 2012年2月18日閲覧。 
  115. ^ “冨田大介選手 ヴィッセル神戸より加入のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), ヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ, (2011年1月5日), http://www.ventforet.co.jp/information/press/2011013.html 2012年2月18日閲覧。 
  116. ^ 安永聡太郎(JFAこころのプロジェクトスペシャルスタッフ)オフィシャルブログ”. 2012年2月18日閲覧。
  117. ^ 宝来麻紀子 プロフィール”. N.ジェネレーション. 2012年2月18日閲覧。
  118. ^ 弁護士紀藤正樹の経歴(簡略版)”. リンク総合法律事務所 (2010年11月8日). 2012年2月18日閲覧。
  119. ^ 福江純HPダイジェスト”. 福江純 (1999年6月13日). 2012年2月18日閲覧。

参考文献[編集]

書籍[編集]

  • 東洋経済新報社 『都市データパック 2010年版』 東洋経済新報社、2010年ISBN 9780669706109
  • 宇部市史編纂委員会 『宇部市史』通史篇 下巻、宇部市、1993年5月1日
  • 小野田市歴史民俗資料館 『わが町の鉄道史 小野田線を歩く』 小野田市教育委員会 : 小野田市歴史民俗資料館〈小野田市歴史民俗資料館 研究叢書第3集〉、2003年10月1日
  • 山口宇部農業協同組合 『Report 2010 しあわせハーモニー with you』(PDF) 山口宇部農業協同組合、2010年7月29日2012年1月29日閲覧。
  • 宇部興産 『俵田明伝』 宇部興産、1962年ASIN B000JAJ9NU
  • 宇部時報社 『報道八十年』 宇部時報社、1993年3月。
  • 宇部興産 『中安閑一伝』 宇部興産、1984年10月。ASIN B000J6VW70
  • 二木謙吾伝編纂委員会 『二木謙吾伝』 宇部学園、1984年12月。ASIN B000J6OF6U

雑誌記事[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]