仙台市立仙台高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
仙台市立仙台高等学校
Sendai City Sendai High School 1.jpg
過去の名称 市立仙台中学校
仙台高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 仙台市の旗 仙台市
設立年月日 1940年昭和15年)2月26日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制(平成21年度より単位制導入)
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 04166B
所在地 981-8502
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

仙台市立仙台高等学校(せんだいしりつ せんだいこうとうがっこう)は、宮城県仙台市青葉区国見六丁目にある市立高等学校。通称は「仙高」(せんたか)。

概要[編集]

校舎・設備・環境
教室棟は2棟あり南側が普通教室棟で、北側が特別教室棟である。体育館は校舎の西側と南側に合わせて2つある。また、望洋会館という生徒食堂や宿泊設備を備えた建物があり、エレベーターやスロープが設置されている。
校章・校旗・校是
校章の紋様である。1948年(昭和23年)「仙台高等学校」への改称と同時に制定された。図案自体は伊達家の紋所に由来する。竹は素直に伸びゆく様、竹の緑は平和の象徴、雀の飛形は青年の一途な意気を表すとされている。校旗は朱色の地に校章が描かれたものが定められている。校色である朱色は、若人の情熱を象徴したものとされる。
校訓として定められてはいないが、自主自立が校是とされている。この文字が刻まれた石碑が職員玄関の近くに設置されている。
なお、制服は存在しない。
生徒
1学年8クラスである。共学であるが、2006年度(平成18年度)まで男女別に入学定員を定めており、比率は男6に対し女4となっていたが、2007年度(平成19年度)入試よりこれを撤廃した。
成立
仙台高等学校の前身である仙台市立仙台中学校は1940年(昭和15年)に開校した。仙台市内では宮城県仙台第二高等学校の次に歴史が深く、戦後ベビーブーム期に新設された宮城県仙台第三高等学校よりも長い歴史がある。現在の校名「仙台高等学校」に改称されたのは1948年(昭和23年)で、この時に校名から「仙台市立」が外れた。1975年(昭和50年)の入学生から男女共学となる。仙台市内の男子普通高校では最も早い共学化であった。また、この年から、現在の青葉区国見に移転した。2009年(平成21年)から校名に仙台市立が付くようになり、仙台市立仙台高等学校となった。
その他
  • 進路面では、かつては同じ仙台市内のナンバースクールに次ぐ進学実績があった。直近の進路状況(2011年度(平成23年度)卒業生)は、国公立大学合格者は32名(現役生20+浪人生12)であり、私立大学合格者は368名(現役生309+浪人生59)である。私立大で最も多い合格者数は東北学院大学の124名(現役生114+浪人生10)。
  • 現在は部活動と勉強の両立という文武両道を掲げている。
  • 2009年度(平成21年度)より単位制高校に移行することが決定した。進学型単位制高校として更に進路実績をあげることを目標とする。単位制実施を始めた初年度の卒業生である平成23年度は国公立大学現役合格者が20人、東北学院大学現役合格者が100人を超えるなど、どちらも昨年度より合格者が増え、一定の成果が上がっている。
    • 2007年度(平成19年度)から鵬(フェニックス)プランと名づけられたキャリアプランを実施している。1年生次の分野別ゼミナールやボランティア学習など、生きる力づくりの学習も精力的に行われている。

設置学科[編集]

部活動[編集]

主な行事[編集]

沿革[編集]

アクセス[編集]

  • JR仙山線国見駅から徒歩9分。
  • JR仙山線・東北福祉大前駅から徒歩12分。
  • バスは仙台市営バスの「仙台高校・福祉大ウェルコム21前」(870系統国見ヶ丘行き、X870系統国見ヶ丘経由実沢営業所行き)と「仙台高校南」(880系統南吉成・国見ヶ丘行き、X880系統南吉成経由実沢営業所行き)の二つ降り場がある。

ほとんどの生徒は鉄道自転車での通学であるが、バスで通学している生徒もいる。

周辺の学校[編集]

主な卒業生[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 荒町小学校の歴史(仙台市立荒町小学校)
  2. ^ 国見(平4)(仙台市「仙台市の住居表示実施状況 Archived 2011年3月23日, at the Wayback Machine.」 2.実施地区名一覧《実施年降順》)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]