佐藤濯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤濯
TAKU Satoh
Sato taku.jpg
引退
ポジション F
基本情報
愛称 タク
日本語 佐藤濯
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-04-28) 1982年4月28日(40歳)
出身地 宮城県
身長(現役時) 192cm (6 ft 4 in)
体重(現役時) 87kg (192 lb)
選手経歴
2005-2007
2007-2010
大塚商会
レラカムイ北海道

佐藤 濯(さとう たく、1982年4月28日 - )は、宮城県出身でレラカムイ北海道に所属していたバスケットボール選手である。宮城県仙台高校日本体育大学卒業。ポジションはF

来歴[編集]

仙台高で宍戸治一志村雄彦らと共にウィンターカップ連覇を果たした。

その後、日本体育大学に進み、ヤングメン・ユニバーシアード日本代表に選出される。

卒業後は大塚商会を経て、2007年にレラカムイ北海道に加入。

2010年引退。

2018年12月現在、レバンガ北海道のU-15チームにてコーチを務めている。

経歴[編集]

  • 仙台高 - 日本体育大学 - 大塚商会(2005年~2007年) - レラカムイ北海道(2007年~2010年)

日本代表歴[編集]

  • 2001年ヤングメン世界選手権
  • 2003年ユニバーシアード

関連項目[編集]