長田恒雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

長田 恒雄(おさだ つねお、1902年明治35年)12月17日 - 1977年昭和52年)3月30日)は、静岡県出身の詩人作詞家東洋大学中退。

経歴[編集]

  • 1902年(明治35年)静岡県清水市に生まれる。
  • 1925年(大正14年)「詩洋」の同人となる。
  • 1926年(大正15年)から三省堂に勤務。
  • 1929年(昭和4年)第1詩集「青魚集」を刊行。
  • のちに北園克衛らを知り、モダニズムに近づく。
  • 1936年、雑誌「科学ペン」(三省堂)の編集・発行を担当。
  • 戦後「現代詩研究」を創刊、主宰した。
  • 1939年(昭和14年)に発表された「何日君再来」(歌:渡辺はま子)を訳詩。

また、多くの仏教讃歌や、数多くの学校の校歌、応援歌の作詞も手がける。

作品[編集]

詩集[編集]

「東京」「風来歌」「青魚集」など。

仏教讃歌として発表された作品[編集]

  • 仏陀(四つの詩からなる交声曲伊藤完夫作曲)※
  • 智慧の朝(伊藤完夫作曲)
  • 善き友(伊藤完夫作曲)
  • 尼蓮禅河の朝(伊藤完夫作曲)
  • 大いなる母~摩耶夫人讃章~(清水脩作曲)※
  • 山科の路(清水脩作曲)
  • 廟堂頌(三つの詩からなる合唱組曲、清水脩作曲)
  • 成道讃歌(清水脩作曲)
  • 朝(清水脩作曲)
  • 塔(六つの詩からなる交声曲、田中昭徳作曲)
  • 野のほとけ(二つの詩からなる合唱曲、田中昭徳作曲)
  • 観世音菩薩讃頌(田中昭徳作曲)
  • 遊化(田中昭徳作曲)

※なお、「仏陀」、「大いなる母」は長田恒雄の勧めにより、田中昭徳も作曲。


関連人物[編集]