石井歓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

石井 歓(いしい かん、1921年3月30日 - 2009年11月24日)は日本作曲家東京市下谷区(現・東京都台東区)出身。

同じく作曲家である石井眞木石井五郎は弟と叔父に当たる。父は舞踊家の石井漠

成城学園小学部から成城高等学校 (旧制)尋常科に進むが、成城事件で父の友人の小原國芳が排斥されたため、玉川学園中等部に転じる。同校在学中、ピアノをエンリコ・ロッシに師事、また作曲を呉泰次郎について約3年間学んだ。武蔵野音楽大学本科ピアノ科を卒業後、池内友次郎に師事。太平洋戦争中は海軍予備学生として海軍入隊後、約2年間勤務。1947年から尾高尚忠に指揮法を師事。1952年西ドイツに留学し、ミュンヘン国立音楽大学作曲科・指揮科を修了。その際、カール・オルフに師事して強い影響を受ける。

1954年に帰国後、創設されたばかりの桐朋学園大学で作曲科主任教授他を務め、その後、愛知県立芸術大学音楽学部教授・学部長など各地の学校で要職を務め、指揮者としても活躍した。

合唱界にも長く関わり、全日本合唱連盟東京支部理事長、および同連盟理事長(第5代)を歴任。同連盟主催のおかあさんコーラスの産みの親でもある。

1981年、中日文化賞受賞[1]。1984年、紫綬褒章受章。

2009年11月24日、肺炎のため死去。88歳没[2]

代表作[編集]

()内の人物は特記がない限り、作詩者。

管弦楽曲[編集]

  • 前奏曲(1949年)
第18回音楽コンクールの管弦楽部門において第1位受賞。
  • 交響詩「山」(1954年)
  • シンフォニア・アイヌ(1958年 - 1959年)
3楽章。3管編成のオーケストラにソプラノ独唱と合唱を伴う。

吹奏楽曲[編集]

  • 曠野をゆく(1964年)
1964年度全日本吹奏楽コンクール課題曲中学校の部。
4楽章。第2楽章は本人により、ピアノと混声合唱に編曲されている。また、佐藤菊夫によるソプラノ、合唱、オルガン、管弦楽による版もある。2002年秋田吹奏楽団により原曲版がCD化された。
  • 組曲「まりも幻想」
5楽章。藤田玄播の編曲。

室内楽・器楽曲[編集]

  • ヴィオラ・ソナタ (1962年)
  • 八人の奏者による打楽器のための音楽 (1970年)
  • フルートのための音楽 (1972年)
  • こどものためのピアノ曲集「音のメルヘン」(1979年)
  • こどものためのピアノ曲集「ピアノとおはなし」(1985年)

独唱曲[編集]

  • 海四章(1953年/三好達治
  • 草に寝て(1959年/立原道造
  • ヴォーカリーズのための音楽
  • 中原中也の詩による三題
  • 日本の歌(一部、男声合唱を含む)

合唱曲[編集]

  • 混声合唱組曲「白い季節の歌」(1950年/小柳透
  • 男声合唱組曲「枯木と太陽の歌」(1955年/中田浩一郎
  • 混声合唱組曲「三つの山の詩」(1957年/中田浩一郎)
  • 青い葦とりんどうの話(1959年/中田浩一郎)
  • 混声合唱組曲「たそがれ」(1964年/深尾須磨子
  • 男声合唱組曲「男の子が生まれて」(1964年/武川寛海
  • 男声合唱組曲「五つの学生の歌」(1965年/武川寛海)
  • 女声のための三つの寓話(1967年/関根弘
  • 混声合唱「風紋」(1970年/岩谷時子
  • ソプラノと男声合唱のためのカンタータ「あすへの足音」(1972年/中村千栄子
  • 少年少女合唱曲集「春といっしょに」(1973年)
  • 混声合唱のためのバラード「杉の木のうた」(1977年/中村千栄子)
  • 混声合唱組曲「明日香の風」(1977年/中村千栄子)
  • 独唱、合唱と管弦楽のためのカンタータ「良寛貞心」(1980年/中村千栄子)
  • 女声合唱組曲「少女のいる画集」(1981年/中村千栄子)
  • オーケストラと合唱による「日向の讃歌」(1981年/中村千栄子)
  • 混声(男声)合唱組曲「花之伝言」(混声版1981年、男声版1983年/中村千栄子)
  • 日本民謡による三つの男声合唱曲
  • 混声(男声)合唱組曲「石橋の町」(混声版1998年、男声版1999年/佐々木均太郎

歌劇[編集]

  • 役の行者(1964年/坪内逍遙原作)
  • 袈裟と盛遠(1968年/山内康雄台本)
  • 女はすてき(1978年/山内康雄台本)
  • カントミ(1981年/中田浩一郎台本)

バレエ音楽[編集]

  • 潮鳴り(1943年) - 文部大臣賞を受賞。
  • 神とバヤデーレ(1950年)
  • 令嬢ジュリー(1954年) - 芸術祭奨励賞を受賞。
  • 人間誕生(1954年)
  • バレエ組曲「まりも」(1962年)
  • ビルマの竪琴(1963年) - 芸術祭奨励賞を受賞。
  • 破戒(1965年) - 芸術祭奨励賞を受賞。

映画音楽[編集]

大学校歌[編集]

その他[編集]

著書[編集]

  • 舞踊詩人石井漠(未來社)
  • 教育出版発行の音楽教科書(小・中・高)の監修を担当していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]