交響曲第99番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第99番変ホ長調 Hob.I:99は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1793年ウィーンで作曲した4楽章からなる交響曲ロンドン交響曲のうちの1曲で、初演は翌1794年2月10日ロンドンのハノーファー・スクェアー・ルームズにおける第1回ザロモン演奏会で行われた。演奏時間は約30分

楽器編成[編集]

93番から98番までの6曲の第1期ロンドン交響曲は、全てクラリネットを含まない2管編成で作曲されていたが、99番から104番までの6曲の第2期ロンドン交響曲は、102番を除いた5曲がクラリネットを含む2管編成で作曲されている。この99番はハイドンがクラリネットを取りいれた最初の交響曲である。

編成表
木管 金管
Fl. 2 Hr. 2 Timp. Vn.1
Ob. 2 Trp. 2 Vn.2
Cl. 2 Va.
Fg. 2 Vc.
Cb.

構成[編集]

外部リンク[編集]