ヤーノシュ・フェレンチク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いフェレンチク・ヤーノシュと表記することもあります。
ヤーノシュ・フェレンチク
János Ferencsik
Ferencsik János emléktáblája.jpg
基本情報
生誕 (1907-01-18) 1907年1月18日
ハンガリーの旗 ハンガリーブダペスト
死没 (1984-06-22) 1984年6月22日(満77歳没)
学歴 ブダペスト音楽院
職業 指揮者

ヤーノシュ・フェレンチク(János Ferencsik、1907年1月18日 - 1984年6月12日[1])は、ハンガリー指揮者[2]

経歴[編集]

ブダペスト出身。第一次世界大戦に巻き込まれ、幼少期を貧困の中で過ごす。

10歳の頃から地元の教会オルガニストで聖歌隊の指揮者だったラヨシュ・バドロギに音楽の基礎を教わり、地元の市立歌劇場のヴァイオリン奏者のイシュトヴァーン・ホッペからヴァイオリオンを教わった。その後、国立ハンガリー音楽専門学校に進学し、ラースロー・ライタに作曲と音楽理論、アンタール・フレイシャーに指揮法を教わった。1927年に卒業後はハンガリー国立歌劇場のコレペティートルとなり、1930年に正指揮者に昇格した。正指揮者の時代には、コレペティートルに取り立てられた後輩のゲオルク・ショルティティボール・シェーケらに指揮法を伝授している。

1948年から1950年までウィーン国立歌劇場の常任指揮者となり、欧米の歌劇場やオーケストラにも客演するようになったが、1953年にハンガリー国立交響楽団の音楽監督に就任し、亡くなるまでこのオーケストラの育成に努めた。1957年からブダペスト国立歌劇場の音楽総監督、1960年から1967年までブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督も兼任した。

ブダペストにて死去。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.discogs.com/artist/J%C3%A1nos+Ferencsik
  2. ^ [1]
先代:
-
ハンガリー国立交響楽団音楽監督
1953–1984
次代:
小林研一郎
先代:
?
ハンガリー国立歌劇場音楽監督
1957–1963
次代:
アンドラーシュ・コーロディ
先代:
エルネー・ドホナーニ
ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督
1960–1967
次代:
アンドラーシュ・コーロディ