イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団: Israel Philharmonic Orchestra、略称:IPO、ヘブライ語:התזמורת הפילהרמונית הישראלית, ラテン文字転写:ha-Tizmoret ha-Filharmonit ha-Yisre'elit)は、イスラエルの主要なオーケストラで、世界有数のオーケストラの一つである。

概略[編集]

ブロニスワフ・フーベルマン

ヴァイオリンの巨匠ブロニスワフ・フーベルマンが発足人となり、ヨーロッパ各地で政治的理由で解雇されたユダヤ人音楽家が結集して、イギリス委任統治領パレスチナ時代の1936年に創設されたパレスチナ管弦楽団: Palestine Orchestra)が前身である。お披露目の演奏会は、同年12月26日テル=アヴィヴにおいて、アルトゥーロ・トスカニーニの指揮によって行われた。イスラエルが建国された1948年に現名称になった。

頻繁な演奏旅行や録音の機会に恵まれ、しばしば首席指揮者に世界的な指揮者を迎えてきた。現在ではズービン・メータ1968年から終身音楽監督を務めている。また、ユダヤ系指揮者や演奏家とのゆかりも深く、中でもレナード・バーンスタインとは1947年から密接な関係を結んでいた。

主なレパートリーは、ベートーヴェンモーツァルトメンデルスゾーンブラームスチャイコフスキーマーラーである。シェーンベルクのロマン派時代の作品もレパートリーに入っている。ユダヤ人演奏家に弦楽器奏者が多いことから、J.S.バッハ以降のヴァイオリン協奏曲もレパートリーに入っている。

一方、ワーグナーはその反ユダヤ主義的言質やナチス・ドイツの文化的象徴ゆえに、事実上タブー視されている。1981年にメータがイスラエル・フィル演奏会のアンコールで『トリスタンとイゾルデ』の前奏曲を演奏したが、一部の団員は演奏を拒否し、観客の間に殴り合いが発生する事態となった。メータは数日後にやはりアンコールでワーグナーを取り上げたが、観客の激しい抗議を受け、数小節で演奏を中止している[1]。イスラエルにおけるワーグナーへの抵抗は根強く、2001年にエルサレムダニエル・バレンボイムベルリン国立歌劇場管弦楽団とワーグナーを演奏した際も、抗議して会場を出て行く聴衆が見受けられた(詳細はバレンボイムの項を参照)。

リヒャルト・シュトラウスもドイツ第三帝国の御用文化人であったとして、ワーグナー同様の扱いを受けていた[1]。シュトラウスは1990年代初頭から演奏されるようになり[2]、メータ指揮による録音も存在する。

ブルックナーは、ヒトラーの熱愛した作曲家だったものの、メータの指揮によって録音が行われている。

主要な指揮者[編集]

ズービン・メータ

脚注[編集]

  1. ^ a b Clyde Haberman (1991), Old Agonies Revive: Israeli Philharmonic To Perform Wagner, The New York Times, 2010年2月23日閲覧.
  2. ^ Larry Derfner (2001), Israel's Wagner Taboo, The Jewish Journal of Greater Los Angeles, 2010年2月23日閲覧.

外部リンク[編集]

テルアビブのフレデリック・R・マン・オーディトリウム。イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団のホーム。