ポール・パレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポール・パレーPaul Paray, 1886年5月24日 ル・トレポール - 1979年10月10日 モンテカルロ)はフランス音楽家。優れたオーケストラ・ビルダーとして有名で、その指導と監督のもとにデトロイト交響楽団を世界有数のオーケストラに育て上げた。指揮者として著名であるが、本来は作曲家でもあり、近年になって一連の作品が再評価されるようになってきた。

英語としても通用する響きの氏名と、米国での指揮者としての経歴からアメリカ人と誤解されることもあるが、フランス人である。

略歴[編集]

ノルマンディー出身。父親は彫刻家であると同時に教会オルガニストであり、アマチュアの音楽団体を率いていた。パレーは少年時代から、父親のオーケストラ打楽器奏者を担当しており、その後ルーアンに行き2人の大修道院長、ブルジョワ師とブルドン師に音楽を、オルガン演奏をアリン(Haelling)に師事し、パリ音楽院への入学資格を得た。1911年カンタータ《ヤニッツァ Yanitza 》を提出して、ローマ大賞を獲得。第一次世界大戦が始まるとフランス陸軍に召集されるが、1914年捕虜としてダルムシュタット収容所に送致され、その地で弦楽四重奏曲を作曲した。

終戦後は、カジノ・デ・コトレーの楽団の楽長に就任。このアンサンブルはコンセール・ラムルーの出身者もまじっており、これが転機となってコンセール・ラムルーを指揮するようになり、その後はコンセール・コロンヌモンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者も務めた。

1922年バレエ音楽《不安なアルテミス Artémis troublée 》を作曲。1931年に《ジャンヌ・ダルク帰天500周年記念のミサ曲》を作曲、これはジャンヌの殉教を称えるためにルーアン大聖堂によって委嘱された作品である。1935年に《交響曲第1番ハ長調》を、1940年に《交響曲第2番イ長調》を作曲し、それぞれコンセール・コロンヌ管弦楽団によって初演された。

1939年ニューヨーク・フィルハーモニー協会交響楽団を指揮して米国デビューを果たす。1952年デトロイト交響楽団の音楽監督に任命され、1963年に退任するまで、モノラル時代からステレオ初期の時代のマーキュリー・レーベルに数々の演奏を残した。

録音[編集]

有名な録音の一つに、サン=サーンスの《オルガンつき交響曲》が挙げられる。1957年10月に行われた録音を取り巻く状況は、とりわけ幸運に恵まれていた。パレーはこの作品特有の要求を、自分なりに理解しており、デトロイト交響楽団はすでにフランス最上のオーケストラに引けを取らない水準になっていた。少年時代の恩師のひとりで親しいマルセル・デュプレがこのセッションにオルガニストとして招かれた。デュプレ自身、青年時代にサン=サーンス自身の演奏を最大限の目標としていた。それに、デトロイトのフォード・オーディトリアムに据えられたオルガンは、この作品に似つかわしい音色であった。この録音は、音響的に今日の水準に見合っているとはいえないもの、それでもこの交響曲の、世界的に最も優れた演奏の一つに数えられている。

他のフランス物ではベルリオーズの『幻想交響曲』やフランクの『交響曲』、ドビュッシーラヴェルの管弦楽曲集などがあり、特にベルリオーズ・フランクは決定盤の誉れが高い。

また、ドイツ物については、同じくドイツ物を得意としたフランス系指揮者モントゥークリュイタンスに勝るとも劣らない非常に高い評価を受け、知的ですっきりとしつつも味わいのある演奏を聴かせた。録音ではベートーヴェンの交響曲選集やシューマンの交響曲全集、ワーグナーの管弦楽曲集を残している。ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」(1954年録音、デトロイト交響楽団)では、多くの場合には演奏時間40分ほどを要するこの作品を35分30秒という速さで演奏しており、録音史上最速の「田園」といわれている。

1942年のフランス映画『アルルの女』で、モンテカルロ劇場管弦楽団を指揮してサントラを担当。冒頭では前奏曲の演奏も見られる。

外部リンク[編集]

先代:
初代
モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1928 - 1933
次代:
アンリ・トマジ
先代:
ガブリエル・ピエルネ
コンセール・コロンヌ
音楽監督
1932 - 1956
次代:
シャルル・ミュンシュ