ジャン・マルティノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン・マルティノン
出生 1910年1月10日
フランスの旗 フランスリヨン
死没 1976年3月1日(満66歳没)
フランスの旗 フランス
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者作曲家ヴァイオリニスト
担当楽器 指揮ヴァイオリン
活動期間 1951年 - 1969年
レーベル EMI

ジャン・マルティノンJean Martinon, 1910年1月10日 - 1976年3月1日)は、フランス指揮者作曲家である。

生涯[編集]

ジャン・マルティノンは1910年1月10日、リヨンに生まれた。パリ音楽院ではヴァイオリンを学び、ヴァンサン・ダンディアルベール・ルーセルに作曲、シャルル・ミュンシュロジェ・デゾルミエールに指揮を師事。

ヴァイオリン奏者として出発するが、指揮者に転身、パリ音楽院管弦楽団、ボルドー交響楽団、コンセール・ラムルーイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団デュッセルドルフ交響楽団などの首席指揮者などを歴任。1958年からはフリーランス。その後1963年にはシカゴ交響楽団の音楽監督となるが、オーケストラとの相性は決して良くなかった。後年のインタビューで「アメリカでの苦渋に満ちた時代は思い出したくない」とコメントしているほどである。1968年からはフランス国立放送管弦楽団の音楽監督に就任し、フランス指揮界における重鎮として活躍したが1976年3月1日、66歳という熟年期に他界した。

来日[編集]

来日は3回。1953年および1963年にNHK交響楽団、1970年には日本フィルハーモニー交響楽団に客演した。これらの演奏の中でも、ストラヴィンスキーの「春の祭典」などを指揮した素晴らしい演奏については、岩城宏之の著作の中でも紹介されている。

人物[編集]

ジャン・マルティノンの指揮は、明晰かつ力強さを持ち、ドビュッシーに代表されるフランス音楽を得意としていたが、自身ドイツ系アルザス人の血を引き、ドイツ音楽の解釈に対しても識者からの支持は高かったといわれる。ただし、シカゴ交響楽団では同団が伝統的に得意とするドイツ音楽の比重を下げたことが不評を招いた。

録音では、やはりフランスものの評価が高く、手兵のフランス国立放送管弦楽団を指揮したドビュッシーの管弦楽曲全集、サン=サーンスの交響曲全集、ベルリオーズの「幻想交響曲」(オーケストラは前身のフランス国立放送管弦楽団)ラヴェル管弦楽曲全集(パリ管弦楽団)などがとくに有名である。

作曲家としても多くの作品を残しており、弦楽四重奏曲交響曲第4番「至高」は録音もある。

外部リンク[編集]

先代:
ユージン・ビゴー
ラムルー管弦楽団
首席指揮者
1951年 - 1957年
次代:
イーゴリ・マルケヴィチ
先代:
ウィレム・ヴァン・オッテルロー
ハーグ・レジデンティ管弦楽団
音楽監督
1975年 - 1976年
次代:
フェルディナント・ライトナー