ハーグ・レジデンティ管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハーグ・レジデンティ管弦楽団
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮で演奏する管弦楽団(1951年7月7日)
基本情報
出身地 オランダの旗 オランダハーグ
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1904年~
公式サイト http://www.residentieorkest.nl/

ハーグ・レジデンティ管弦楽団(ハーグ・レジデンティかんげんがくだん、Het Residentie Orkest)は、オランダの事実上の首都ハーグにあるオーケストラである。

概要[編集]

オランダの名指揮者ヘンリ・ヴィオッタによって1904年に創立される。1911年のリヒャルト・シュトラウス・フェスティバルにおいてシュトラウス自身が彼の作品を指揮し、その後もストラヴィンスキーレーガーラヴェルヒンデミット等の作曲家を招聘している。1949年から1973年までの長きにわたり、ウィレム・ヴァン・オッテルローが首席指揮者、音楽監督をつとめ、このオーケストラの水準を大きく向上させた。オッテルローの指揮により、フィリップスコンサート・ホール・ソサエティ等に多くの音源が残されている。その後、後述のようにライトナースヴェトラーノフ等が後を継ぎ、2005年より2012年までネーメ・ヤルヴィが首席指揮者をつとめた。本拠であったデン・ハーグの芸術科学劇場が1967年に焼失した後、市内の演奏会場を転々としたが、1987年に新劇場ドクター・アントン・フィリップス・ホールベアトリクス女王臨席のもとにオープン、2015年までここを本拠としていた。ホールは併設するルーセント・ダンス劇場と共に2015年に解体され、2021年にAmareという新文化複合施設として生まれ変わる予定になっている。

首席指揮者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]


外部リンク[編集]