シュターツカペレ・ベルリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュターツカペレ・ベルリン
Staatskapelle Berlin
FW Deutsche Staatsoper.JPG
基本情報
出身地 ドイツの旗 ドイツ ベルリン ミッテ区
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1570年 -
共同作業者 音楽総監督
ダニエル・バレンボイム
公式サイト Staatskapelle Berlin

シュターツカペレ・ベルリンStaatskapelle Berlin)は、ドイツベルリンに本拠を置くベルリン国立歌劇場附属オーケストラである。プロイセン王立宮廷楽団(Königlich preußische Hofkapelle)として1570年に設立された。1742年のベルリン宮廷歌劇場の開場とともに同歌劇場の座付きオーケストラとなった。音楽監督は「シュターツカペルマイスター」と呼ばれ、現在の音楽監督ダニエル・バレンボイムである。歌劇場のオーケストラとしては、ウィーン国立歌劇場管弦楽団を母体とするウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ドレスデン国立歌劇場管弦楽団と並び古くから演奏会活動が盛んな団体であり、特にスウィトナーとバレンボイムのもとではベートーヴェン、ブラームスほかの交響曲全集などの録音活動も非常に活発である。客演指揮者としてもヴィルヘルム・フルトヴェングラーヘルベルト・フォン・カラヤンなど多くの名指揮者が登場している。1977年初来日。

音楽総監督[編集]

外部リンク[編集]