ハンス・リヒター (指揮者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハンス・リヒター
Hans Richter
Hans Richter portrait photo.jpg
基本情報
生誕 1843年4月4日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ジェール
死没 1916年12月5日(満73歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国 バイロイト
職業 指揮者

ハンス・リヒターHans Richter, 1843年4月4日 - 1916年12月5日)は、19世紀後半から20世紀初頭を代表する指揮者。ハンガリー(当時はオーストリア帝国の一部だった)のジェール生まれ。ハンガリー名はRichter János。主にウィーンバイロイトロンドンで活躍した。

略歴[編集]

ウィーン音楽院に学び、当初はホルン奏者として活躍した。

のち、指揮者に転じ、ハンス・フォン・ビューローにかわってリヒャルト・ワーグナーの助手を務める。ニュルンベルクのマイスタージンガー初演に合唱指揮者として参加、1876年の第1回バイロイト音楽祭では、バイエルン王ルートヴィヒ2世、ドイツ皇帝ヴィルヘルム1世、ブラジル皇帝ペドロ2世フランツ・リストアントン・ブルックナーピョートル・チャイコフスキーら臨席のもと、『ニーベルングの指環』全曲を初演した。

このように、ワーグナーや、ワーグナー作品と深く関わりがあったため、当初ワーグナー派の指揮者と見なされていたが、交響曲第2番第3番を初演するなど、ヨハネス・ブラームス作品にも造詣が深かった。もっともブラームス自身は、イン・テンポ気味で音楽を運んでいくリヒターの解釈をかなり味気なく感じていたともいわれる。他にアントニン・ドヴォルザークアントン・ブルックナー、またイギリスではエドワード・エルガーの擁護者としても有名であった。

視覚障害により1911年引退。1916年バイロイトにて逝去。

逸話[編集]

主な初演作品[編集]

参考文献[編集]