ヴィルヘルム・ヤーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヴィルヘルム・ヤーン
Wilhelm Jahn
Jahn Wilhelm.png
基本情報
生誕 1835年11月24日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国モラヴィア、ホフ・イン・メーレン
死没 (1900-04-21) 1900年4月21日(64歳没)
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国ウィーン
職業 指揮者

ヴィルヘルム・ヤーン(Wilhelm Jahn, 1835年11月24日 - 1900年4月21日)は、オーストリア領のモラヴィアに生まれ、主にウィーンで活動した指揮者。ホフ・イン・メーレン(現在のチェコ共和国モラヴィア・スレスコ州ブレンタール郡ドヴォルチェ英語版出身。

ハンガリー、オランダなどヨーロッパ各地の歌劇場で歌手やオーケストラ奏者として経験を積み、頭角を現す。そしてフランツ・フォン・ヤウナー1880年に自殺したのを受けてウィーン宮廷歌劇場総監督に就任し、17年の長きにわたって務めた(その跡を継いだのがグスタフ・マーラーである)。1882年から1年間、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者を務めた。

評価[編集]

ヤーンは気鋭の指揮者としてウィーン宮廷歌劇場総監督の座に就き、長らく同歌劇場を切り回したが、ヨハネス・ブラームスはヤーンの演奏を田舎芝居だとこきおろし、エドゥアルト・ハンスリックがヤーンを宮廷歌劇場から追放するべきであるとの論陣を張るなど、とりわけ楽壇の評価はヤーンの晩年になるほど厳しくなっていった。しかし、斯界の権威には通俗的だとみなされがちでも、親しみやすいレパートリーを披瀝することによって、ヤーンは多くの大衆に支持され続けた。1882年11月26日アントニン・ドヴォルザーク作曲『伝説』の一部、1883年2月11日には、ブルックナー交響曲第6番の第2楽章および第3楽章を初演している。

参考文献[編集]

  • 『ヨハネス・ブラームス回想録集 2』(音楽之友社、2004年) ISBN 4276201780

外部リンク[編集]