ハレ管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハレ管弦楽団
The Hallé
出身地 イギリスの旗 イギリス マンチェスター
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1858年 -
公式サイト www.halle.co.uk
メンバー 音楽監督
マーク・エルダー
首席客演指揮者
マルクス・ステンツ
旧メンバー 創設者
サー・チャールズ・ハレ

ハレ管弦楽団(ハレかんげんがくだん、The Hallé)は、イギリスマンチェスターに本拠を置く、イギリスで最も伝統あるオーケストラである。古い日本語資料ではハルレ管弦楽団という表記になっている場合もある。1996年以来、ブリッジウォーター・ホール英語版を本拠地としている。

概要[編集]

1857年5月、マンチェスター美術展(同年10月まで開催)で演奏するためにドイツピアニスト指揮者のカール・ハレ(イギリスに帰化後はサー・チャールズ・ハレ)により設立された管弦楽団が源流。展覧会の閉幕後、常設のオーケストラ団体として正式に楽団を存続させることが決定され、彼の下で同年1月30日に第1回公演を行う。当時の本拠地はフリー・トレード・ホール英語版。以降、ハレは1895年の死去に至るまでオーナーと常任指揮者を兼任し、オーケストラの基礎を固める。

その後、1899年から1911まではハンス・リヒターハミルトン・ハーティ等の指揮者が音楽監督を務め、特にハーティの時代はハレ管の第一次黄金時代といわれた。ハーティの後、常任空席の低迷時代が続く事になる。そんな中、第二次世界大戦が勃発し、徴兵される楽員が続出、オーケストラは存続の危機に陥る。

1943年、ハレ管中興の祖となるジョン・バルビローリが常任指揮者に就任する。バルビローリは徴兵によってわずか33名にまで減っていた楽員の補充から始め、懸命の選考により女性楽員を中心としてアンサンブルを再建、手塩にかけて育成し、ハレ管はバルビローリのオーケストラと言っても過言ではない程の関係を築き上げた。EMIに多数の録音が残っており、特にディーリアスの作品の演奏はトマス・ビーチャムのものと並んで高い評価を得ている。1970年にバルビローリが急逝。

バルビローリの死後、ジェームズ・ロッホランスタニスワフ・スクロヴァチェフスキケント・ナガノ等の時代を経て、2000年以来、現在までマーク・エルダーが常任指揮者を務めている。

1996年にフリー・トレード・ホールからブリッジ・ウォーター・ホールに本拠地を移転している。

著名な初演作品[編集]

歴代首席指揮者[編集]

外部リンク[編集]