エンリケ・ホルダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エンリケ・ホルダEnrique Jordá, 1911年3月24日 - 1996年3月18日[1])は、スペインサン・セバスティアン出身、アメリカ合衆国で活動した指揮者

経歴[編集]

ヴァイオリンを愛好する海軍士官の父親とピアニストの母親との間に、スペインギプスコア県サン・セバスティアンで生まれる。

幼い頃から両親から音楽の手ほどきを受けるが、父親は5歳のときに死去した。地元の教会のボーイ・ソプラノとして12歳まで活動した後、16歳には教会オルガニストのアシスタントとなった。

マドリード大学に進学後、1929年にフランスに留学し、マルセル・デュプレにオルガンを、ポール・ル・フレムに作曲を、フランツ・リュールマン指揮法を師事した。

1937年には指揮者としてパリでデビューを果たし、1940年にスペインに戻ってマドリード交響楽団の首席指揮者となった。1945年にマドリードの職を辞し、1948年からケープタウン交響楽団の首席指揮者を務め、1954年にはサンフランシスコ交響楽団の音楽監督となった。1963年にサンフランシスコを離れ、1970年から1976年までアントウェルペン・フィルハーモニー管弦楽団(ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団)の首席指揮者を務めた。

1982年から1984年までエウスカディ管弦楽団(現:バスク国立管弦楽団)の首席指揮者を務めた後は、フリーの立場で世界各地のオーケストラに客演した。

ブリュッセルで死去。

脚注[編集]

  1. ^ [1]