交響曲第104番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search






これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

交響曲第104番 ニ長調 Hob. I:104 は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1795年ロンドンで作曲した交響曲で、ロンドン交響曲のうちの1曲。ハイドンの代表作のひとつであり、『ロンドン』の愛称で知られている。

概要[編集]

ハイドンが作曲した最後の交響曲である。『ロンドン』の愛称は19世紀になってから付けられたものであるが、この曲だけでなく12曲の「ロンドン交響曲」全てがロンドンに関係しているので、特別な意味はない。 また、ハイドンは自筆譜に「私がイギリスで作曲した12番目(の交響曲)」と記しているが、実際には12曲のロンドン交響曲のうち第99番などがウィーンで作曲されているため、この記述は正しくない[1]

初演は1795年5月4日の慈善コンサートで行われたといわれてきた。ハイドンはこの日の日記に「すべての観客も私も余すところなく楽しんだ。私はこの夜に4000グルデンの収入を得た。これはイギリスだからこそ可能だった」 と記している[2]ことから、この日に演奏されたことは確かである。しかし、ハイドン研究家のロビンス・ランドンは、4月13日の第6回オペラコンサートで初演されているとしている。[1]

楽器編成[編集]

編成表
木管 金管
フルート 2 ホルン 2 ティンパニ 第1ヴァイオリン
オーボエ 2 トランペット 2 第2ヴァイオリン
クラリネット 2 ヴィオラ
ファゴット 2 チェロ
コントラバス

曲の構成[編集]

全4楽章、演奏時間は約30分。

第1楽章の冒頭部分
第1楽章の第1主題
  • 第1楽章 アダージョ - アレグロ
    ニ短調 - ニ長調、4分の4拍子 - 2/2拍子、序奏付きのソナタ形式
    壮大なニ短調の序奏で始まる。提示部は弦楽器によるニ長調の第1主題の提示で始まる。複雑な転調をせずに、まっすぐイ長調に転調して第1主題を再び木管楽器で提示する。第2主題はイ長調で木管楽器と弦楽器で提示される。提示部は小結尾で閉じ、第1主題の後半のリズムを使ってロ短調で始まる展開部に入る。展開部はオーケストラの全奏で閉じる。再現部では第1主題がニ長調で再現する。最後はニ長調のコーダで閉じる。
  • 第2楽章 アンダンテ
    ト長調、4分の2拍子、変奏曲形式
    ト長調の弦による主題で始まる。この後、イ短調ニ短調を経由した後、弦楽器とバスーンで主要主題が繰り返される。第1変奏ではト短調変ロ長調など様々な調に転調するが、主題の旋律の要素が続いている。ト長調の属調に達した後、第2変奏になる。フルートのソロの後の第3変奏は短く、そのままコーダへ続く。
  • 第3楽章 メヌエットアレグロ - トリオ
    ニ長調 - 変ロ長調、4分の3拍子、複合三部形式
    メヌエット部分は三部形式(A - B - A)であり、Aでは主和音が強調されている。Bの部分は平行短調ロ短調)や属調(イ長調)に転調する。トリオは変ロ長調で、オーボエやバスーンが長く用いられる。メヌエットのように、トリオの中間部は平行短調(この場合はト短調)が目立つ。トリオは属調で締めくくられ、メヌエットに復帰する。
第4楽章の主題
  • 第4楽章 フィナーレスピリトーソ
    ニ長調、2分の2拍子、ソナタ形式。
    元気の良い快速なソナタ形式である。持続低音が使われた民謡風の主題で始まるが、これはクロアチア民謡に基づくといわれている(詳しくはen:Haydn and folk musicを参照)。展開部は定型どおり主調の属調に落ち着くが、再現部がすぐには始まらないのが異例である。その代わり、展開部は嬰ヘ短調の部分に続き、その後で直ちにニ長調の再現部が始まる。

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『ハイドン交響曲全集XII』音楽の友社、1982年、序文より。
  2. ^ Steinberg, Michael. "The Symphony: a listeners guide". p. 245-247. Oxford University Press, 1995.

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、交響曲第104番 (ハイドン)に関するカテゴリがあります。