交響曲第61番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第61番ニ長調 Hob.I:61は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1776年に作曲した交響曲である。

成立年代[編集]

交響曲第61番は自筆原稿から1776年に作曲されたことが確定されている。ウェブスター(James Webster)によると、1776年4月にエステルハージ家にフルート奏者が雇われているため、それ以降の作品と考えられるという。1770年以前に書かれた交響曲第41番以来、久しぶりにフルート入りの交響曲が書かれた[1]

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Vivace[編集]

44拍子。交響曲第43番と同様に、第1主題の最初の1音だけが全奏による。途中、弦のピッツィカートの上を管楽器が8分音符を奏でる部分が印象的である。2回めに管楽器に同じ音型が出てくる時には、今度は弦楽器が半音階を演奏する。

第2楽章 Adagio[編集]

イ長調、34拍子、ソナタ形式弱音器をつけたヴァイオリンによって、しっとりした主題が演奏される。

第3楽章 Menuet. Allegretto – Trio[編集]

やや長めのメヌエット。トリオ部分はオーボエの独奏と弦楽による。

第4楽章 Prestissimo[編集]

68拍子、ロンド形式の非常に速い舞曲である。

脚注[編集]

  1. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第9巻のウェブスターによる解説、1999年

外部リンク[編集]