交響曲第83番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第83番ト短調 Hob.I:83は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1785年に作曲した交響曲で、6曲からなるパリ交響曲の第2曲。(作曲順では3番目)「めんどり」(フランス語La Poule)の愛称で知られる。

楽器編成[編集]

フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、弦楽五部

演奏時間はカット無し、非対称形メヌエットで約25分。

愛称の由来[編集]

第1楽章 第2主題

第1楽章の第2主題がニワトリの鳴き声を思わせることから、18世紀末から19世紀初頭にこの愛称で呼ばれるようになった。したがって作曲者自身による命名ではない。

楽章構成[編集]

  1. Allegro spiritoso
  2. Andante
  3. Menuetto; Allegretto - Trio
  4. Finale; Vivace

外部リンク[編集]