交響曲第63番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲 第63番 ハ長調 Hob.I:63は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1779年以降1781年以前に作曲した交響曲

概要[編集]

1779年11月18日にエステルハーザのオペラ劇場は火災に遭い、所蔵していた楽譜が失われた。ハイドンはウィーンから自作の筆写譜を購入し、それを元に何曲かのパスティッチョ交響曲を作って演奏の用に充てた[1]。交響曲63番もこのときに作られたパスティッチョ交響曲のひとつであり、第1・第2楽章に1777年ごろに作曲された曲を再利用している。

第1楽章はオペラ『月の世界』(1777年)の序曲を転用したものである。第2楽章には「ラ・ロクスラーヌ」(La Roxelane)という副題がついており、やはり1777年にエステルハーザで上演された『ソリマン2世』(Soliman der zweyte)の付随音楽の転用と考えられているが(ロクスラーヌはこの劇の登場人物の名前)[2][3]、新規に作曲された可能性もある[4]

最終楽章にはプレスティッシモの版とプレストの版の2種類があるが、前者は1773年ごろに作曲された交響曲断片の再利用で、上演日が迫っていたため、大急ぎで仕上げたことが推察される。その後まもなく新しい最終楽章が作曲された[4]

ランドンの「第1稿」[編集]

ランドンはこの交響曲に1777年ごろに作曲された第1稿と、後に作られた第2稿があったと考え、自らの校訂した交響曲全集に両方の楽譜を含めた。ランドンの「復元」した第1稿は楽器編成が異なるほか、第4楽章が上記のプレスティッシモであるだけでなく、メヌエットもまったく異なっている[5]。ランドンのいう「第1稿」による録音も存在するが、ゲルラッハやフィッシャーなどの学者は「第1稿」の存在を疑問とした[6]

この「第1稿」の第3・第4楽章は1773年のオペラ『勘違いの不貞』の序曲と組み合わせて交響曲にした版が発見されており、交響曲第63番とは無関係だったらしい[2][4]

楽器編成[編集]

フルート1、オーボエ2、ファゴット1、ホルン2、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、低音(チェロおよびコントラバス)。

楽章構成[編集]

第1楽章 Allegro[編集]

34拍子。歌劇「月の世界」序曲の転用で、原曲からファゴット1本、トランペット2本、ティンパニが外され、フルートが付け加えられている(エステルハージ家の楽団は1778年4月から1780年末までファゴット奏者がひとりしかいなかった。また1778年4月からフルート奏者が加わった[7])。明るくわかりやすい曲である。

第2楽章 「ラ・ロクスラーヌ」 Allegretto (o più tosto allegro)[編集]

24拍子、変奏曲形式。C.S.ファヴァール英語版作の劇「ソリマン2世、あるいは3人のスルタンの妻」の付随音楽を転用。ヴァイオリンには弱音器がつけられる。ハ短調とハ長調の2つの部分が交替し、最後は全奏によって華やかに終わる。

第3楽章 Menuet - Trio[編集]

メヌエットは三連符による修飾のついたわかりやすい曲である。トリオはオーボエとファゴットの二重奏、および弦楽器のピッツィカートによる。

第4楽章 Finale: Presto[編集]

24拍子、ソナタ形式の快速な曲。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) p.179
  2. ^ a b 大宮(1981) p.180
  3. ^ Sisman (1990) p.339
  4. ^ a b c デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第10巻、ジェームズ・ウェブスターによる解説。2000年
  5. ^ 音楽之友社のミニスコアのランドンによる序文
  6. ^ Sisman (1990) p.340
  7. ^ 大宮(1981) p.178

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集VI(58-65番) OGT 1594』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)
  • Sisman, Elaine (1990). “Haydn's Theater Symphonies”. Journal of the American Musicological Society 43 (2): 292-352. JSTOR 831616. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]