交響曲第66番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第66番変ロ長調 Hob.I:66は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲

作曲年代は明らかでないが、66・67・68番の3曲は1779年秋にフンメル(有名な作曲家とは無関係)によってハイドンの作品15として出版されており[1]、それ以前の作品である。ハイドン全集(JHW)では1775/1776年ごろの作品とする[2]

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro con brio[編集]

第1主題は交響曲第62番と同様の下降分散和音による。

第2楽章 Adagio[編集]

ヘ長調、ソナタ形式34拍子。弱音器をつけたヴァイオリンによる静かな音楽で、提示部の終わりあたりで第1ヴァイオリンによるG線の開放弦ピッツィカートが1音だけ現れる。展開部の後半は突然フォルテッシモの全奏になる。

第3楽章 Menuetto - Trio[編集]

付点つき音符によるはずんだ音楽と、落ち着いたトリオが対照的である。

第4楽章 Finale (Scherzando e presto)[編集]

ロンド形式の高速な終楽章。最初の挿入エピソードではフェルマータによって突然音楽が減速する。

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社のミニスコアのランドンによる序文
  2. ^ 大宮(1981) 表p.6

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集VII(66-73番) OGT 1595』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)

外部リンク[編集]