交響曲第85番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第85番変ロ長調 Hob.I:85は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1785年頃に作曲した交響曲で、6曲からなるパリ交響曲の第4曲。(作曲順では2番目と考えられている) 「王妃」(フランス語La Reine)の愛称で知られる。

楽器編成[編集]

フルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、弦五部

演奏時間はすべて繰り返しなし、非対称形メヌエットで約23分。

愛称の由来[編集]

名前の由来は定かではない。一説にはフランス王妃マリー・アントワネットが特に気に入っていたからと言われている。

構成[編集]

  1. Adagio - Vivace
  2. Romance: Allegretto
  3. Menuetto; Allegretto
  4. Finale; Presto

第1楽章は序奏を持ち、途中に交響曲第45番からの引用が見られる。第2楽章はガヴォットのリズムを持つ変奏曲で、ポール(Carl Ferdinand Pohl)によると「優しく若いリゼット」というロマンスから主題を取っているという[1]

脚注[編集]

  1. ^ 大宮真琴 『ハイドン 新版』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品 2〉、1981年、182頁。ISBN 4276220025

外部リンク[編集]