交響曲第67番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第67番ヘ長調 Hob.I:67は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲。特に愛称はないが、弦楽器に様々な奏法が使用され、創意工夫に富んでいる。

第4楽章が急緩急の三部形式をとるのはイタリア序曲を転用したものという[1]

作曲年代は明らかでないが、66・67・68番の3曲は1779年秋にフンメル(有名な作曲家とは無関係)によってハイドンの作品15として出版されており[2]、それ以前の作品である。ハイドン全集(JHW)では1775/1776年ごろの作品とする[3]

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Presto 6/8拍子[編集]

開始楽章にしては最も急速な速度をとっている。アルペッジョを主体とした主題がピアニッシモに開始され、伴奏にピッツィカートが多用されている。

第2楽章 Adagio 2/4拍子[編集]

変ロ長調ソナタ形式弱音器つきヴァイオリンによる、複付点音符つきの特徴的な主題ではじまる。提示部の終わりに突然フォルテでホルンが聞こえる。展開部では第1ヴァイオリンが第2ヴァイオリンを1拍おくれて追いかける箇所がある。結尾にコル・レーニョ(弓の木の部分で弦を叩く)奏法が指示されている。

第3楽章 Menuetto-Trio[編集]

主部はアルペッジョを主体としている。トリオは弱音器をつけたヴァイオリン2本による二重奏で、第1ヴァイオリンは1本の弦だけを使って演奏される。第2ヴァイオリンはスコルダトゥーラでG線が一音低いFに調弦され、この開放弦が常に保続された民族的な響きになる。

第4楽章 Finale,Allegro di molto 4/4拍子-Adagio e cantabile 3/8拍子-Tempo Ⅰ 4/4拍子[編集]

第1主題は、主題はまたもやアルペッジョを主体としたもの。展開部に代わり、第二の緩徐楽章といえるAdagio e cantabileが挿入され、ヴァイオリン2本とチェロ三重奏に開始され、全合奏に発展し、中間部は次いでオーボエ2本とファゴットの三重奏となるなど、色彩豊かである。半終止の後、主部が再現される。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) p.179
  2. ^ 音楽之友社のミニスコアのランドンによる序文
  3. ^ 大宮(1981) 表p.6

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集VII(66-73番) OGT 1595』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)

外部リンク[編集]