交響曲第6番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲 第6番 ニ長調『朝』Hob.I:6は、ヨーゼフ・ハイドン交響曲交響曲第7番ハ長調『昼』交響曲第8番ト長調『夕』とで3部作を成している。 1761年ニコラウス・エステルハージ侯爵の下に副楽長としてつかえることになった作曲者は、侯爵から三部作の作曲を依頼された。そこでハイドンは名手揃いの新しい楽団の技量を生かすためにあらゆる楽器にソロを与え、三部作は交響曲というよりバロック音楽的な合奏協奏曲の形をとることになった。

編成[編集]

ほぼすべてのパートにソロが与えられている。

曲の構成[編集]

第1楽章 Adagio-Allegro[編集]

標題にふさわしい日の出を彷彿とさせるゆっくり堂々とした序奏に始まる。 主部はソナタ形式をとり、第1主題がフルートに歌われ、オーボエへ引き継がれる。次いで全合奏になるが、ときおり木管楽器の16分音符の動機が顔を見せるのが特徴的である。展開部はイ長調で、またもやフルートとオーボエにより第1主題が歌われることによって開始される。やがてホルンが第1主題断片を吹き、再現部へと入るが、音楽は提示部よりも省略されている。

第2楽章 Adagio-Andante-Adagio[編集]

ト長調。独奏ヴァイオリンのカデンツァにより開始されるレチタティーヴォ風の序奏に始まり、主部では独奏ヴァイオリンが優雅に歌う。展開部からは独奏チェロが登場し、絡み合う。最後は再び序奏の雰囲気が戻り、終わる。

第3楽章 Menuet[編集]

メヌエットトリオ。主部はフルート独奏と管楽合奏の部分によって拡大された高音域を中心とした華やかな音色を特徴とするが、トリオはニ短調でファゴットと独奏コントラバスをメインにヴィオラ、チェロにもソロが与えられるなど中低音域を中心とした渋くくすんだ音色が特徴的な音楽となり、対比され、全体として色彩的で変化に富んでいる。

第4楽章 Finale,Allegro[編集]

フルートの、音階が急速に駆け上がる主題により始まる。それを独奏ヴァイオリンが受け継ぎ、やがてチェロやフルートもソロで16分音符の速く長いパッセージを演奏するなど華やかである。この楽章ではすべての管楽器にソロが与えられ、さらに展開部は、独奏ヴァイオリンがヴァイオリン協奏曲ともいえる技巧を披露するなど、いっそう合奏協奏曲的なスタイルを示している。

外部リンク[編集]