交響曲第95番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第95番ハ短調 Hob.I:95は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1791年に第1回ロンドン旅行の折りのために作曲した4楽章からなる交響曲で、いわゆる「ロンドン交響曲」の1つである。

概要[編集]

この連作の中では唯一の短調作品であり、また唯一、開始楽章が緩やかな序奏なしに開始する。「ロンドン交響曲」の中で比較的目立たない作品でありながら、メヌエット楽章のトリオ(中間部)にチェロの独奏パートが置かれているなど、細部にハイドンの創意が仕込まれた作品となっている。

楽器編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 1 Hr. 2 Timp. Vn.1
Ob. 2 Trp. 2 Vn.2
Cl. Va.
Fg. 2 Vc.
Cb.

構成[編集]

第1楽章 Allegro moderato[編集]

序奏のないソナタ形式である。第一主題の冒頭にある特徴的な5音の動機は、楽章全体を通じて繰り返し使用される。

再現部は提示部との差が大きく、第一主題の再現が前半と後半に分かれて行われるほか、第二主題の再現の2回目にはヴァイオリン独奏の伴奏が登場し、後の楽章におけるチェロ独奏の活躍を暗示させる。

なお、この曲では展開部・再現部の繰り返しは行われない(この頃のソナタ形式では、提示部を繰り返して演奏するのに加え、展開部・再現部も繰り返して演奏することが多かった)。

第2楽章 Andante cantabile[編集]

  • 変ホ長調 6/8拍子 変奏曲形式、主題と3つの変奏、コーダから成る。主題は前半・後半共に繰り返して提示される。

第1変奏は、チェロの独奏とヴァイオリンが対話するように進行する。第2変奏は短調に転じ、自由な展開を見せる。第3変奏では原型に戻るが、細かい弦楽器の動きが装飾する。

コーダでは主題の旋律を原型どおりに、和声だけを変えて再現した後、次楽章の主題を予感させるような動機で締めくくる。

第3楽章 Menuetto[編集]

メヌエットとトリオである。メヌエット部分の後半で丸2小節分の休符を挟んでいるのが特徴的である。

一方、トリオではチェロの独奏が全面にわたって活躍する。

第4楽章 Finale. Vivace[編集]

  • ハ長調 2/2拍子 自由な形式による主題と展開

複合三部形式を基本としているが、ソナタ形式ロンド形式の要素も含む近い独特の形式で構成されている。

第1部では主題が前半・後半共に繰り返して提示される。第2部では主題に基づきながら、カノン風に展開されたり、自由な経過句が現れたりして比較的自由な展開を見せる。第3部は第1部のほぼ忠実な再現であるが、繰り返しは行われない。それからコーダに入り、主題が様々な展開を見せて曲を閉じる。

外部リンク[編集]