交響曲第64番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第64番 イ長調 『時の移ろい』[1]は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1773年頃に作曲した交響曲

概要[編集]

この曲はブライトコプフ社の1778年のカタログに現れる[2]。自筆譜は残っていないが、フランクフルト・アム・マインで発見された、明らかにエステルハージ家で使われたパート譜が残っており、使用された紙の研究から1773年ごろのものであることがわかった[3]

このパート譜のカバーにラテン語で「Tempora mutantur」(テンポラ・ムータントゥル、時は変わる)という謎めいた言葉が書かれていた。ジョナサン・フォスターによれば、これはエリザベス朝ウェールズエピグラム作家ジョン・オーウェン(John Owen)による有名な句の冒頭で、全文は「時は変わり、我々も時の中で変わる。どのようにか。人は時とともに悪くなる。」というものであるという[4]。この句がハイドンの音楽とどう関係するかは議論があり、ジョナサン・フォスターはこの句を最終楽章と関係があるものと考えたが、エレーン・シスマンは第2楽章と関係があると考えた[5]

演奏時間は約20分[6]

編成[編集]

オーボエ2、ホルン2、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリン、ヴィオラ、低音(チェロファゴットコントラバス

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro con spirito[編集]

44拍子。ピアノとフォルテの激しい交替を特徴とする。終結主題がかなり変わっている。

第2楽章 Largo[編集]

ニ長調、34拍子。弱音器をつけたヴァイオリンによる旋律を中心とする。きわめて風変わりな曲で、カデンツが期待される場所がことごとく休符になっており、解決が延び延びにされてひどく落ち着かない[5]。最後はホルンの極端に低い音が使われ、静かに終わる。

第3楽章 Menuet - Trio. Allegretto[編集]

ロンバルド・リズム英語版(16分音符+付点8分音符)が多用される。トリオは素朴なレントラー風の音楽になっている。

第4楽章 Presto[編集]

22拍子(アラ・ブレーヴェ)、ロンド形式の流れるような快速なフィナーレ。ロンドの主題が終わる前に突然新しいエピソードが挿入される。ロンド主題も単純に繰り返されるわけではなく、転調したり展開したりする。

出典[編集]

  1. ^ 交響曲第64番『時の移ろい』、第42番、第4番 ジョヴァンニ・アントニーニ&イル・ジャルディーノ・アルモニコ : ハイドン(1732-1809) | ローチケHMV - ALPHA672
  2. ^ 大宮(1981) 表p.6
  3. ^ 音楽之友社のミニスコアのランドンによる序文
  4. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第7巻、ジェームズ・ウェブスターによる解説。1996年
  5. ^ a b Sisman (1990) p.372
  6. ^ 音楽之友社のミニスコアによる

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集VI(58-65番) OGT 1594』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)
  • Sisman, Elaine (1990). “Haydn's Theater Symphonies”. Journal of the American Musicological Society 43 (2): 292-352. JSTOR 831616. 

外部リンク[編集]