交響曲第73番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第73番ニ長調Hob.I:73は、ヨーゼフ・ハイドン交響曲。「」の副題で知られる。1780年に終楽章が、1781年に残りの3楽章が作曲された。

概要[編集]

「狩」の題は、終楽章に作曲者自身がフランス語で「」(La Chasse)と記入したことにちなんでおり、狩のホルンの旋律が登場する。この旋律は古くからあるもので、1780年にパリで出版された『狩人提要』(Manuel du Chasseur)の中に見えている[1]

第4楽章はもともと、自作の歌劇酬いられたまこと》(Hob. 28:10、1781年2月25日にエステルハーザで初演)の序曲の転用である[1]

また、第2楽章の主題はハイドンの歌曲「こたえる愛」(Gegenliebe、Hob. 26a:16)[2]の旋律を使用している[1]

楽器編成[編集]

フルート1、オーボエ2、ファゴットホルン2、弦五部。終楽章にのみトランペット2本とティンパニを加えた版も存在する。

楽章構成[編集]

第1楽章 Adagio - Allegro[編集]

管楽器主体のおだやかな前奏につづいて軽快な第1主題があらわれる。

第2楽章 Andante[編集]

ト長調。弦楽器による素朴な旋律にはじまり、途中に短調のエピソードがロンド風に挿入される。

第3楽章 Menuetto - Trio. Allegretto[編集]

トリオ部分はオーボエ・ファゴットを中心とする。

第4楽章(狩)Presto[編集]

68拍子の民謡調の音楽。狩のテーマは29小節めホルンとオーボエで出現する。展開部ではティンパニは最後の部分を除いて休み、旋律らしい旋律が聞こえない。にぎやかな音楽だが、最後に狩りのテーマが再びフォルテで吹き鳴らされた後、意外にも静かに消え入るように終わる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、181頁。ISBN 4276220025
  2. ^ ゴットフリート・アウグスト・ビュルガー英語版の1774年の詩による。ウィキソースのロゴ ドイツ語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:Gegenliebe (Bürger)

外部リンク[編集]