交響曲第50番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第50番ハ長調 Hob.I.50は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1773年に作曲した交響曲

劇音楽に由来する本作は、ハイドンのいわゆる『シュトゥルム・ウント・ドラング』の時代の革新が終わって、より軽い音楽が書かれるようになりはじめる時期に位置している[1]

概要[編集]

自筆原稿から、1773年の作曲であることがわかっている。同年、エステルハーザではマリオネット・オペラ劇場が落成し、第1作としてハイドンの『フィレモンとバウチス』(Philemon und Baucis, Hob. XXIXa:1)が9月2日にエステルハーザを公式訪問したマリア・テレジアの御前で上演された。この作品の序劇にあたるのが『神々の会議』(Der Götterrat)で、部分的にしか残存していないが、この劇の序曲は本交響曲の第1楽章と第2楽章に相当し(ただしトランペットは含まず)、これに残り2楽章を書き足して交響曲の形にしたのが本曲である[2]

第1楽章は緩やかな序奏を持つ。後期ハイドンの交響曲では序奏が使われることが多いが、本作以前にはきわめて珍しい。交響曲第50番の後、いくつかの交響曲(交響曲第57番交響曲第60番など)で序奏が使われている。本格的に序奏が書かれるようになるのは1780年前後である。

かつて、マリア・テレジアの前で演奏された交響曲は交響曲第48番と考えられていたが、ランドンによると実際に演奏されたのは第50番であったという[3]。しかしウェブスターによれば交響曲第50番の後半の楽章は最初の2楽章と同じ紙にハイドンが後から書き加えたもので、完成したのは1774年ごろとしている[1]

編成[編集]

構成[編集]

全体に単一主題を意図してかかれている。

第1楽章 Adagio e maestoso - Allegro di molto[編集]

序奏は44拍子で、付点を多用している。その後34拍子でアレグロがはじまるが、比較的短い。

第2楽章 Andante moderato[編集]

ト長調24拍子。ホルン、トランペット、ティンパニは休み。オーボエは再現部ではじめて登場する。

低音から独立したチェロの楽譜がテナー記号で書かれ、ヴァイオリンの1オクターブ下で重ねて演奏される。このような書法はむしろハイドンの初期に見られるもので、ランドンは交響曲第14番あたりの昔の型に逆戻りしていると言っているが[4]、ウェブスターによるとオペラの序曲であるためにこのような書き方がされているのだという[1]ソナタ形式ではあるが、展開部は6小節しかない[1]

第3楽章 Menuet - Trio[編集]

主部はユニゾンで分散和音の主題が演奏され、小型のソナタ形式に似た長めの形式を持っている[1]。トリオはオーボエと弦楽器によるが、他のハイドンの作品と異なり通作で書かれている。出だしは主部と同じハ長調の分散和音が弦楽器で演奏されるが、そこから急に変化してオーボエの独奏とヴァイオリンによるヘ長調の本体に進む。しかもイ短調の属和音で終止するという、この時代として斬新な構成を見せる。

第4楽章 Finale: Presto[編集]

22拍子、ソナタ形式。推移部のフェルマータの後に、ト長調でもう1度第1主題が表れ、単一主題の曲であることを強調している。第3楽章のトリオと同様、展開部はイ短調の属和音で閉じられる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第8巻のウェブスターによる解説、1997年
  2. ^ 大宮(1981) pp.91-93,177,229。なお大宮は題を『神々の怒り』としているが、おそらく誤り
  3. ^ 大宮(1981) p.176
  4. ^ 音楽之友社ミニスコアのランドンによる解説

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集V(50-57番) OGT 1593』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1963年のもの)

外部リンク[編集]