交響曲第65番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第65番イ長調 Hob.I:65は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲

1778年のブライトコプフ社の目録に見えているが、作曲されたのはそれよりもかなり早い。正確な作曲年代は不明だが、60番台の他の交響曲より早い時代に作曲された。通常は1771-1773年ごろの作品とされるが[1]、ウェブスター(James Webster)によると、緩徐楽章でヴァイオリンが弱音器をつけていないことや、1768年ごろに書かれた交響曲第59番との類似などによって、もっと早い時期の作品であるという[2]

ハイドンの交響曲の中では従来ほとんど知られていなかったが、シュトルム・ウント・ドラング期の作品のひとつとして鑑賞されるようになってきている。

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Vivace e con spirito[編集]

全奏による3つの和音ではじまる、明るい祝祭的な音楽である。再現部は提示部と大きく異なっている。

第2楽章 Andante[編集]

ニ長調、38拍子。第1ヴァイオリンによって始められるが、すぐにオーボエとホルンによるファンファーレ風の楽句によって遮られる。同じ音をえんえんと繰り返したり、かなり風変わりな曲である。

元は劇の付随音楽だったとランドンは推測している[3]

第3楽章 Menuetto - Trio[編集]

途中で4拍子になる奇怪なメヌエットである。トリオはイ短調で、弦楽器のみによって演奏されるが、こちらも途中でヘミオラの連続によって3拍子に聞こえなくなる箇所がある。

第4楽章 Finale. Presto[編集]

128拍子、ソナタ形式。ホルンによる狩りの信号ではじまる軽快な音楽である。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) 表p.6
  2. ^ デッカ・レコードホグウッドによるハイドン交響曲全集第5巻(CD 433 012-2 OH3)の解説、1992年
  3. ^ 大宮(1981) p.177

参考文献[編集]

  • 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025

外部リンク[編集]