交響曲第60番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第60番ハ長調 Hob.I:60は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1774年ごろに作曲した交響曲

フランスのジャン=フランソワ・ルニャール英語版の喜劇「ぼんやり者」(Le Distrait、1697年)をドイツ語に翻案した「迂闊者」(Der Zerstreute、全5幕)のために書かれた付随音楽をそのまま交響曲にしたものであり、そのため他のハイドンの交響曲と異なって6楽章から構成される。曲は喜劇の内容を反映して諧謔に富み、また民謡風の部分が多い。

日本語では、迂闊者愚か者うつけ者迂闊な男うっかり者うすのろなどと訳されている。

概要[編集]

自筆原稿は存在しないが、古い筆写譜に「迂闊者」(Il Distratto)または「喜劇『迂闊者』のためのシンフォニア」(Sinfonia per la Comedia intitolato il Distratto)と注記されている[1]。この喜劇は5幕から構成され、カール・ヴァール(Karl Wahr)一座によって1774年にエステルハーザで上演された。このときハイドンは劇付随音楽として序曲・各幕の間の間奏曲(4曲)、および終曲を作曲した。これを交響曲の形にまとめたのが本曲である[2][3][4]

この曲はハイドンの生前非常に人気があった。1774年11月のブラチスラヴァでの演奏は大成功を伝えている。しかし晩年のハイドンはあまりこの曲のことをよく思っていなかったらしく、1803年にマリア・テレジアフランツ2世の皇后)がウィーンで演奏するためにハイドンに楽譜を要求したとき、ハイドンはヨーゼフ・エルスラー(エステルハージ家のオーボエ奏者)あての手紙でこの曲を「古いシュマーン」(den alten Schmarrn)(シュマーンはオーストリアの食べ物の名だが、「愚にもつかないもの」という意味もある)と呼んでいる[5][1]

楽器編成[編集]

オーボエ2、ファゴット(この頃までハイドンの交響曲はファゴットのパートが独立して存在しておらず、チェロおよびコントラバスの楽譜を演奏した[3])、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦五部

初期の楽譜ではハ調のホルンまたはトランペットが指定されているが、1803年にマリア・テレジアに送った版(上記ヨーゼフ・エルスラーの兄弟であるヨハン・エルスラーによって筆写された)ではホルンとトランペットの両方が指定されている[3]

楽章構成[編集]

変則的な6楽章制を採る。抒情的で静かな音楽の途中で、ふざけた、茶化すような曲想が乱入してきたり(第2楽章および第5楽章)、和声法の反則が冒されたり(第4楽章)、バルカン半島ハンガリー民俗音楽の粗野な一面が誇張されたり(第3楽章および第4楽章)と、堅苦しくない性格が何かと打ち出されている。これらは、原作となったドタバタ劇の主人公の、うっかりした性格に関連している。

第1楽章 Adagio - Allegro di molto[編集]

劇の序曲に相当する。24拍子のおだやかな序奏の後に、34拍子の高速で華やかな第一主題がはじまる。第二主題は弦楽器だけではじまるが、曲を途中で忘れたかのように同じ音を繰り返しながらピアニッシモまで消え入り(perdendosiと指定されている)、急に思い出したかのようにフォルテッシモで続きが演奏される。展開部では交響曲第45番(告別交響曲)の冒頭が突然現れる。

第2楽章 Andante[編集]

ト長調24拍子、ソナタ形式。静かにはじまるように見せかけて、3小節目に管楽器を中心とした変な楽想がフォルテではいってくる。途中で3拍子に聞こえる部分は、フランスの舞曲のパロディで、シスマンによると放蕩者のシュヴァリエを描いたものという[6]

第3楽章 Menuetto - Trio[編集]

途中にフーガ的な部分がある。トリオ部分はハ短調。オーボエによる民族音楽風の部分がある。

第4楽章 Presto[編集]

ハ短調24拍子。弦楽器のユニゾンではじまり、すぐに変ホ長調に変わる。展開部はドローンに乗ったジプシー音楽風の部分がある。最後はハ長調に変わり、賑やかに終わる。

第5楽章 Adagio(di Lamentatione) - Allegro[編集]

ヘ長調24拍子。第2ヴァイオリンの6連符に乗って、美しい旋律が演奏されるが、途中でティンパニを含む軍楽調のファンファーレによって突然曲が中断される。これは劇の第5幕の使者の到着を表すものと考えられる[7][8]。最後は急に速度が増してアレグロになって終わる。

第6楽章 Finale. Prestissimo[編集]

非常に速いフィナーレ。冒頭、演奏中にヴァイオリン奏者の調弦が間違っていることに気付いて調弦をやり直すという場面が挿入されている(G弦=ト音をヘ音にして開始(スコルダトゥーラ)、途中でト音に直して演奏を再開する。サイモン・ラトルバーミンガム市交響楽団と共演したディスクでは、指揮者のラトルが口笛を吹いてヴァイオリンの調弦ミスを指摘し、やり直しを合図するという演出がなされている)。

ハ短調で演奏される民謡風の音楽は実際の民謡「夜警」(Der Nachtwächter)から旋律を取っている[9][10]

脚注[編集]

  1. ^ a b Heartz (1995) p.366
  2. ^ Sisman (1990) p.311
  3. ^ a b c デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第8巻のウェブスター(James Webster)による解説、1997年
  4. ^ 大宮(1981) pp.82,178-179
  5. ^ 音楽之友社ミニスコアのランドンによる解説
  6. ^ Sisman (1990) pp.314-315
  7. ^ 大宮(1981) p.179
  8. ^ Sisman (1990) pp.316-318
  9. ^ Sisman (1990) p.318
  10. ^ Sinfonia n. 60 in do maggiore "Il distratto", Hob:I:60, l'Orchestra Virtuale del Flaminio, (2012), https://www.flaminioonline.it/Guide/Haydn/Haydn-Sinfonia60.html 

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集VI(58-65番) OGT 1594』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)
  • Heartz, Daniel (1995). Haydn, Mozart, and the Viennese School, 1740-1780. W.W.Norton & Company. ISBN 0393037126. 
  • Sisman, Elaine (1990). “Haydn's Theater Symphonies”. Journal of the American Musicological Society 43 (2): 292-352. JSTOR 831616. 

外部リンク・参照サイト等[編集]