交響曲第69番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第69番 ハ長調(こうきょうきょくだい69ばん ハちょうちょう)Hob.I:69は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1775年から1776年ごろに作曲した交響曲

概要[編集]

「ラウドン」の愛称は、七年戦争オーストリアを優勢に導いたエルンスト・ギデオン・フォン・ラウドン将軍のことで、ウィーンの出版社であるアルタリアが1784年にヴァイオリン・クラヴィーア用の編曲譜を出版したときに加えたものであるが、ハイドンはこの愛称を承認していた[1]。ハイドンはアルタリアあての手紙の中で「フィナーレの第4楽章はピアノでは演奏不可能で、楽譜に含める必要はないと思います。“ラウドン”の名は10のフィナーレよりも販売に役立つでしょう」と書いている[2]

トランペットとティンパニを含む明るく賑やかな作品であり、ハイドンの交響曲の中では比較的単純である。

楽器編成[編集]

オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦五部

楽章構成[編集]

第1楽章 Vivace[編集]

明るく祝祭的な音楽で、第1主題は交響曲第48番「マリア・テレジア」によく似ている。

第2楽章 Un poco adagio più tosto andante[編集]

ヘ長調、34拍子、ソナタ形式。トランペットとティンパニは休み、弱音器をつけたヴァイオリンが繊細な旋律を奏でる。にぎやかな他の楽章との対比をなす。

第3楽章 Menuetto - Trio[編集]

曲の途中で3拍めにアクセントが置かれる箇所がある。トリオはオーボエとヴァイオリンがユニゾンで旋律を奏でる。

第4楽章 Finale: Presto[編集]

弦楽器ではじまり、トランペットとティンパニが軍楽風の音楽を加える。途中で短調に転じ、激しく展開する。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年、179頁。ISBN 4276220025
  2. ^ H.C. Robbins Landon (1959). The Collected Correspondence and London Notebooks of Joseph Haydn. London: Barrie and Lockliff. p. 41. 

外部リンク[編集]