交響曲第69番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第69番 ハ長調(こうきょうきょくだい69ばん ハちょうちょう)Hob.I:69は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1775年から1776年にかけて作曲した交響曲

概要[編集]

「ラウドン将軍」の愛称で有名。愛称の由来は、七年戦争オーストリアを優勢に導いたエルンスト・ギデオン・フォン・ラウドン将軍に献呈されたことに由来する。

楽器編成[編集]

オーボエ2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦五部

楽章構成[編集]

  1. Vivace
  2. Un poco adagio più tosto andante
  3. メヌエット・コン・トリオ
  4. フィナーレ。Presto


外部リンク[編集]