交響曲第57番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第57番ニ長調 Hob.I:57は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1774年に作曲した交響曲

第54番から第57番までの交響曲は、いずれも自筆原稿によって1774年の作曲であることがわかっている。

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Adagio - (Allegro)[編集]

当時のハイドンの交響曲としては珍しく長い序奏を持つ[1]34拍子の序奏の後に8分音符のリズムに乗って44拍子のアレグロが始まる。

第2楽章 Adagio[編集]

ト長調68拍子。主題と4つの変奏からなる変奏曲で、主題は弱音器をつけたヴァイオリンにより、ピッツィカートと弓奏が1小節ずつ交替する。第1変奏ではじめて管楽器が加わる。第2変奏は三連符を主体とする。第3変奏はふたたび弦楽器のみになり、ヴァイオリンが修飾の多いパッセージを演奏する。第4変奏は全奏によるフォルテの部分とピアノの部分が対比される。各変奏の最後の1小節は同じピッツィカートの音型で終わる。

第3楽章 Menuet: Allegretto - Trio[編集]

トリオの出だしの音型がメヌエット本体の終わりの音型とまったく同じになっている。トリオは弦楽器のみによるが、変ロ長調ではじまり、ニ短調に移行する。

第4楽章 Prestissimo[編集]

44拍子、ソナタ形式。三連符の連続による非常に高速な主題は、17世紀にウィーンで活躍した作曲家アレッサンドロ・モリエッティ英語版による『雄鶏と雌鳥の鳴き声によるカンツォーナとカプリッチョ』(Canzon und Capriccio über das Henner und Hannergeschreÿ)というチェンバロ曲にもとづく[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第8巻のウェブスターによる解説、1997年

外部リンク[編集]