交響曲第32番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第32番ハ長調Hob.I:32)フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの作曲した交響曲

正確な作曲年は不明。ハイドン研究家のH・C・ロビンス・ランドン1757年1763年の間としたが、より最近では1760年1761年の間と考えられている。トランペットティンパニを伴った祝祭的なハ長調の交響曲である。

編成[編集]

曲の構成[編集]

全4楽章で構成される。第2楽章にメヌエットが置かれた古典期では珍しい作品でもある(他にはハイドンの交響曲第37番44番ミヒャエル・ハイドンの交響曲第15番と16番などがある)。第3楽章では管楽器は外され弦楽器のみで奏される。

第1楽章 Allegro molto[編集]

ハ長調。2/4拍子。

第2楽章 Menuet[編集]

ハ長調。3/4拍子。

第3楽章 Adagio ma non troppo[編集]

ヘ長調。2/4拍子。

第4楽章 Presto[編集]

ハ長調。3/8拍子。

外部リンク[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]