交響曲第32番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第32番ハ長調Hob.I:32はフランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1760年ごろに作曲した交響曲。初期の交響曲のひとつで、エステルハージ家以前、ボヘミアのモルツィン伯に仕えていた時代に書かれたことがほぼ確実である[1][2]

ハイドン初期の交響曲は3楽章形式のものが多く、4楽章でも緩徐楽章から始まる教会ソナタ風の構成を持つものもあるが、この曲は後のハイドンの交響曲と同じ、両端楽章が速い4楽章形式を取っている。しかし、内側の楽章は第2楽章がメヌエット、第3楽章が緩徐楽章となっており、後のハイドンの交響曲とは逆になっている。このような構成を持つ交響曲は本曲のほかに初期の作品にいくつか見え、交響曲第15番交響曲第37番、および交響曲「B」(108番)がある。初期以外では交響曲第44番交響曲第68番のみである。

本曲と交響曲第33番トランペットティンパニを含み、何か祝典的な機会に演奏されたと考えられている[3]

編成[編集]

トランペットやティンパニだけでなく高音C管ホルンの甲高い音も特徴的である。

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro molto[編集]

2/4拍子、ソナタ形式。華やかな第1主題の後、ト長調に転調し、いったんト短調の短い楽句を経由し、トランペットの軍楽的な音型が聞こえて提示部を終える。展開部でも同じ軍楽的な音型がときどき聞かれる。

第2楽章 Menuet - Trio[編集]

ハ長調のメヌエット主部では付点つきリズムを持った主題が演奏される。

トリオはハ短調で、弦楽のみによる。途中は変ホ長調になる。

第3楽章 Adagio ma non troppo[編集]

ヘ長調、2/4拍子、ソナタ形式。弦楽のみによって演奏され、第1ヴァイオリンが穏やかな旋律を演奏する。展開部は第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンの掛け合いで始まり、短い短調の楽句を経て再現部にはいる。

第4楽章 Finale: Presto[編集]

3/8拍子、ソナタ形式。短く軽い音楽である。

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社ミニスコア、ランドンの序文
  2. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第1巻、ウェブスターによる解説。1993年
  3. ^ 大宮(1981) p.174

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集III(28-40番) OGT 1591』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク[編集]