交響曲第54番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第54番ト長調 Hob.I:54は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1774年に作曲した交響曲感情の表現を主体にしたシュトゥルム・ウント・ドラング期を脱し、より単純で娯楽的な方向へと進んだ時期の作品であり、編成や構成の点で作曲者の後期様式に繋がる発展が見られる。

概要[編集]

本曲から交響曲第57番までの4曲は自筆原稿から1774年に作曲されたことがわかっているが、そのうち最大の規模を持つ[1]

本曲は2回にわたって改訂された。1774年の初版は序奏がなく、楽器編成も当時のハイドンの標準的な編成(オーボエ・ファゴット・ホルン各2本と弦楽)を持っていたが、第2版で序奏が追加され、第3版ではフルート・トランペット・ティンパニが追加された[2]。通常演奏されるのは1776年ごろに書かれた第3版で、ハイドンの交響曲の編成としてはロンドン交響曲以前では最大規模である[3]

編成[編集]

ハイドンの交響曲では従来ファゴットの楽譜は存在せず、低音(チェロコントラバス)の楽譜を演奏していたが、この曲ではじめてファゴットのパートが独立した(ファゴットを使用しない第2楽章を除く)。同時期の交響曲第55番交響曲第56番ではファゴット・ソロのある楽章にのみ独立した楽譜が与えられている[3]

演奏時間は約34分[1]。第2楽章が長大なため、他の交響曲より10分ほど長くなっている。

曲の構成[編集]

第1楽章 Adagio maestoso - Presto[編集]

付点音符を多用した34拍子の序奏の後22拍子に変わる。第1主題はファゴットとホルンによって演奏され、弦楽器がユニゾンオスティナート音型で伴奏する。曲はこの伴奏音型により展開される。

第2楽章 Adagio assai[編集]

ハ長調34拍子、ソナタ形式。ハイドンの全交響曲中、最も遅く、珍しい速度表示をとる緩徐楽章である[1]。演奏時間も長く、全てのリピートを実行すると20分近くを要する。後のロマン派交響曲の緩徐楽章へと通じる繊細で感動的な、深い情緒を称えている。

フルート・ファゴット・トランペット・ティンパニは休み、提示部では大部分が弱音器をつけたヴァイオリンによって演奏される。展開部は変ロ音のユニゾンに始まり、ニ短調で進行する。再現部の主題は管楽器が加わる。最後近くに第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンだけの長いカデンツァ風の部分がある。

第3楽章 Menuet - Trio[編集]

前打音を伴った、軽快で特徴的な主題をもつ。トリオは第1ヴァイオリンとファゴットがユニゾンで歌う。

第4楽章 Finale: Presto[編集]

44拍子、ソナタ形式。第1主題は、跳ねるようなシンコペーションのリズムの伴奏の上に軽快に歌われる。第2主題は足踏みするようなヴァイオリンの旋律の裏で伸びる、提示部ではオーボエ、再現部ではファゴットの保続音が特徴的である。通して軽快な気分に貫かれている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 音楽之友社スコアのランドンによる解説による
  2. ^ 大宮(1981) p.178
  3. ^ a b デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第8巻のウェブスターによる解説、1997年

参考文献[編集]

  • 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集V(50-57番) OGT 1593』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1963年のもの)

外部リンク[編集]