交響曲第102番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第102番(こうきょうきょくだい102ばん)変ロ長調 Hob.I:102は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1794年ロンドンで作曲した4楽章からなる交響曲。演奏時間は約25分

概要[編集]

1795年2月2日ロンドンの国王劇場で第1回オペラコンサートのプログラム第2部の最初の曲目として初演された。 この時ハイドンがステージに姿を見せたところ、観客がハイドンをよく見ようとステージ近くまで押し寄せホールの中央に空席ができた。その直後にホールの中央の大きなシャンデリアが突然落下し砕け散ったが、そこは空席となっていたため怪我人はでなかった。そのため「奇跡だ、奇跡だ」という声が起こったという。しかし、このことは何故か102番ではなく96番の初演時の出来事として語り継がれ、今日96番が「奇蹟」のニックネームで知られている。

ハイドンはこの曲の第2楽章で生涯初めて弱音器をつけたトランペットとティンパニを使用している。なお、この第2楽章はピアノ三重奏曲第26番嬰ヘ短調Hob.XV-26の第2楽章にも転用されている。

編成[編集]

編成表
木管 金管
フルート 2 ホルン 2 ティンパニ 第1ヴァイオリン
オーボエ 2 トランペット 2 第2ヴァイオリン
クラリネット ヴィオラ
ファゴット 2 チェロ
コントラバス

構成[編集]

  • 第1楽章 Largo – Vivace
    序奏付きのソナタ形式。展開部後半ではハイドンの交響曲によく見られる、“疑似再現部”ともいえる第1主題の展開の後、本物の再現部になる。
  • 第2楽章 Adagio
    変奏曲形式。主題と3つの変奏からなる。オブリガードに独奏チェロが活躍している。
  • 第3楽章 Menuetto. Allegro
    トリオはオーボエとファゴットにより奏でられる、レントラー風のなだらかな旋律である。
  • 第4楽章 Finale. Presto
    ロンド・ソナタ形式。再現部は短縮され、コデッタは長めのコーダの最後に再現される。

外部リンク[編集]