交響曲第48番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第48番ハ長調 Hob.I:48は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1769年頃に作曲した交響曲

愛称の由来[編集]

この交響曲は『マリア・テレジア』(Maria Theresia)というニックネームで呼ばれているが、これは1773年オーストリア神聖ローマ皇后マリア・テレジアエステルハージ家を訪問した際の歓迎行事で演奏されたと伝えられたことに由来する。しかし、このときに演奏されたのは実際には交響曲第50番であったらしい[1]。交響曲第48番の1769年の原稿が見つかっていることから、現在ではこの曲と1773年のマリア・テレジアの訪問とは無関係とされる[2]

編成[編集]

トランペットとティンパニはハイドンの本来の編成には存在しない[2]

曲の構成[編集]

演奏時間は約23分(楽譜の指定どおりすべてを繰り返した場合の概算)。

第1楽章[編集]

Allegro、4/4拍子、ハ長調。ソナタ形式

第2楽章[編集]

Adagio、ヘ長調、6/8拍子。ソナタ形式。

第3楽章[編集]

Menuet & Trio、ハ長調、3/4拍子。

第4楽章[編集]

Finale, Allegro、ハ長調、2/2拍子。ソナタ形式。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年、176頁。ISBN 4276220025
  2. ^ a b Haydn - Symphony No. 48 In C Major 'Maria Theresa', Musical Musings, (2014-09-20), https://muswrite.blogspot.com/2014/09/haydn-symphony-no-48-in-c-major-maria.html 

外部リンク[編集]