交響曲第48番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第48番ハ長調 Hob.I:48は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1769年頃に作曲した交響曲

同時期の交響曲第41番と並び、ハ長調で書かれた祝祭的な交響曲である。

愛称の由来[編集]

この交響曲は『マリア・テレジア』(Maria Theresia)というニックネームで呼ばれているが、これは1773年マリア・テレジアエステルハージ家を訪問した際の歓迎行事で演奏されたと伝えられたことに由来する。しかし、交響曲第48番の1769年の原稿が見つかっていることから、現在ではこの曲と1773年のマリア・テレジアの訪問とは無関係とされる[1]ランドンは、このときに演奏された曲は交響曲第50番だったと考えている[2]

編成[編集]

トランペットとティンパニを使っている楽譜もあるが、真正性に問題があり、また1773年以前にはエステルハージ家の楽団に常設のトランペット奏者がいなかった[3]

ファゴットの独立した楽譜は存在しないが、第3楽章のトリオに「senza fagotto」(ファゴット抜き)とあるので、それ以外の箇所ではファゴットが低音の楽譜を演奏したことがわかる。

曲の構成[編集]

演奏時間は約23分(楽譜の指定どおりすべてを繰り返した場合の概算)。

第1楽章 Allegro[編集]

4/4拍子、ソナタ形式。堂々とした祝祭的な音楽で、提示部はかなり複雑な構造をしている。管楽器によるファンファーレ風の主題のあと、弦楽器のパッセージがいったんフェルマータで止まり、ふたたび最初の主題が演奏される。展開部は弦楽器を中心とする。再現部では高音のC管のホルンによる高い音が響く。

第2楽章 Adagio[編集]

ヘ長調、6/8拍子。ソナタ形式。弱音器をつけたヴァイオリンによって優美な主題が演奏され、ところどころに挿入される管楽器だけの楽句が印象的である。

第3楽章 Menuet: Allegretto - Trio[編集]

主部は普通に始まるが、途中で軍隊ラッパ風のユニゾンが挿入される。トリオではハ短調に転ずる。

第4楽章 Finale: Allegro[編集]

2/2拍子。ソナタ形式。弦楽器による八分音符のリズムが曲全体を支配する。

脚注[編集]

  1. ^ Haydn - Symphony No. 48 In C Major 'Maria Theresa', Musical Musings, (2014-09-20), https://muswrite.blogspot.com/2014/09/haydn-symphony-no-48-in-c-major-maria.html 
  2. ^ 大宮真琴『新版 ハイドン』音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年、176頁。ISBN 4276220025
  3. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第6巻のウェブスターによる解説、1994年

外部リンク[編集]