交響曲第20番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第20番ハ長調 Hob.I:20は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲

初期の作品のひとつだが、自筆原稿は残されておらず、エステルハージ家の副楽長時代のものか、それ以前にボヘミアのモルツィン伯爵に仕えていた時代のものかは明らかでない。様式の上からは32番33番37番など、早い時代(1757-1760年)の他のハ長調交響曲に類似する[1]

32番・33番と並んで、トランペットとティンパニを使用した初期の祝祭的な交響曲とされることが多いが[2]、ジェームズ・ウェブスターによるとトランペットやティンパニを含む楽譜は時代の遅い信頼できないものしかない[1]

編成[編集]

高いC管のホルンによる高音が目立つ。

曲の構成[編集]

第1楽章 Allegro molto[編集]

24拍子、ソナタ形式。オクターブ下降から始まる華やかな音楽である。

第2楽章 Andante cantabile[編集]

ト長調22拍子、ソナタ形式。弦楽器だけで演奏される。全曲にわたって低音楽器によるピッツィカートの4分音符、第2ヴァイオリンの8分音符の伴奏に乗って第1ヴァイオリンが旋律を演奏するセレナード調の曲である。

第3楽章 Menuet - Trio[編集]

メヌエット主部もトリオも、弱起の3拍めが三連符になった同じようなリズムを持つ。

トリオ部分はヘ長調で弦楽器のみで演奏される。

第4楽章 Presto[編集]

38拍子、三部形式で、両端の部分が長調、中間部が短調になっている。各部分はいわば「ミニ・ソナタ」とも言うべき形式をしている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第2巻、ウェブスターによる解説。1993年
  2. ^ たとえば、大宮(1981) p.174

参考文献[編集]

  • 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集II(13-27番) OGT 1590』 音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1964年のもの)

外部リンク[編集]