交響曲第53番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第53番ニ長調 Hob.I.53は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1778-1779年ごろに作曲した交響曲。「帝国」(: L'Impériale)の通称を持ち、ハイドンの1770年代後半の交響曲としてはもっとも有名である。

概要[編集]

「帝国」という通称は1840年のフックス目録に現れるが、なぜこのように呼ばれるかはわかっていない。ランドンはマリア・テレジアの愛好曲だったことと関係があるかもしれないと推測している[1]

自筆楽譜は残っていないが、第1版の最終楽章プレストが1777年に作曲されたニ長調の序曲(Hob.Ia:7、ランドンのいう「B」)の転用であることから、1778-79年ごろに作曲されたと考えられる[2]。したがって、53番という若い番号にもかかわらず、実際には70番あたりと同じころの作品である。

1776年にエステルハーザに新しいオペラ劇場が落成した。ハイドンは劇場の音楽監督としての仕事が忙しくなり、交響曲の作曲は少なくなった。また、この頃の交響曲には劇音楽の影響によって新しい傾向が見える[2]

1779年11月18日にエステルハーザのオペラ劇場が焼失し、多くの楽譜が失われた。曲目不足を補うためにハイドンはウィーンから自作の筆写楽譜を購入して多数のパスティッチョを作成した。このときに作られた曲のひとつに交響曲第53番の第2版があり、序奏が加えられ、ティンパニが追加された。1780年ごろの第3版では最終楽章が「カプリッチョ」と書かれた新たな曲(ランドンのいう「A」)に差し替えられた[1]。もとのプレストの最終楽章は交響曲第62番の第1楽章に転用された。第3版がハイドンによる最終的な版であり、エステルハージ・アルヒーフにある唯一の版でもある[2]

なお、ランドンが「C」と呼んだ3つめの最終楽章は(ランドン本人が断っているように)真作とは認め難い。

本曲はハイドンの交響曲の中でおそらくもっとも有名になり、いろいろな出版社から多彩な編成で編曲・出版された[3]ロンドンでは有名なバッハ=アーベル・コンサートの1781年の曲目として取り上げられた(このコンサートは翌年のヨハン・クリスティアン・バッハの死によって最終回になった)[4]

編成[編集]

第2版までの最終楽章は他の楽章と編成が異なってフルートがなく、ファゴットが2本ある。

曲の構成[編集]

第1楽章 Largo maestoso - Vivace[編集]

緩やかな堂々とした34拍子の序奏で開始される。主部は22拍子で、ホルンチェロで分散和音の第1主題が奏され、第1ヴァイオリンがそれに答える。この主題は展開の要素を十分にもっており、それが大規模なソナタ形式を形成することを可能にしている。

第2楽章 Andante[編集]

24拍子。イ長調イ短調の民謡風の二つの主題が順に変奏される複合変奏曲である。非常に素朴でわかりやすい主題は実際の当時の俗謡を使ったともいうが、ハイドン自身が俗謡風に書いた可能性も高い[2][3]

第3楽章 Menuetto - Trio[編集]

普通の明るいメヌエットだが、中間部でフェルマータに続いて管楽器の伸ばしによる美しい部分がある。トリオはフルートと弦楽器のみによる。

第4楽章 Finale: Capriccio. Moderato[編集]

(第1版の第4楽章については交響曲第62番を参照)

22拍子、三部形式。ヴァイオリンで流れるような主題が演奏される。中間部は短調に転じる。最後から3小節めにティンパニが他の楽器より2拍早く現れる。

脚注[編集]

  1. ^ a b 大宮(1981) p.179
  2. ^ a b c d デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第9巻のウェブスターによる解説、1999年
  3. ^ a b 音楽之友社ミニスコアのランドンによる解説
  4. ^ Daniel Heartz (2009). Mozart, Haydn and Early Beethoven, 1781-1802. W. W. Norton & Company. p. 350. ISBN 9780393066340. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]