交響曲第4番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第4番ニ長調 Hob.I:4は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲。初期の交響曲のひとつであり、自筆楽譜は残っていないが、フュルンベルク・コレクションに信頼性の高い筆写譜が残っていることから、エステルハージ家以前、ボヘミアのモルツィン伯爵に仕えていた時期(1757年-1760年ごろ)の作品と考えられる[1]

交響曲第1番同様、初期に多く見られる急-緩-急の3楽章構成で、やや類型的な作品だが、第2楽章の第2ヴァイオリンの「影のような動き」や第3楽章のピアニッシモに工夫が見られる[2]

演奏時間は約15分[3]

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Presto[編集]

44拍子、ソナタ形式。提示部では型どおりイ長調に転調した後に、9小節にわたるイ短調の部分を経る。

第2楽章 Andante[編集]

ニ短調24拍子。当時のハイドンの他の交響曲と同様、緩徐楽章は弦楽器のみで演奏される。ヴァイオリンは弱音器をつけるが、第2ヴァイオリンがシンコペーションの音型を繰り返す中、第1ヴァイオリンが旋律を演奏する。同様の形式は交響曲第11番のメヌエットのトリオにも見られる[1]

第3楽章 Finale: Tempo di Menuetto[編集]

「メヌエットの速さで」と指示されているが、当時の3楽章形式の交響曲のフィナーレと同様に38拍子であり、ソナタ形式で書かれている。展開部の後半で同じ音型を繰り返しながらピアニッシモで消え行くように演奏される箇所が印象的である。

脚注[編集]

  1. ^ a b デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第1巻、ウェブスターによる解説。1993年
  2. ^ 音楽之友社ミニスコア、ランドンによる序文
  3. ^ 音楽之友社ミニスコアによる

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集I(1-12番, "A", "B") OGT 1589』 音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク[編集]