交響曲第21番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第21番イ長調 Hob.I:21は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン交響曲。交響曲第21番から24番までの4曲は自筆原稿から1764年に作曲されたことが明らかになっている[1]。うち、第21番と第22番は全編が主調で統一された、緩―急―メヌエット―急の教会ソナタの形式をとる。楽器編成の上では第22番とは異なり、当時の標準的な編成を使用している。楽章構造がハイドンの通常使用するソナタ形式とはかなり異なっている。

編成[編集]

曲の構成[編集]

第1楽章 Adagio[編集]

34拍子。ハイドンの通常の楽章と異なって繰り返し記号がなく、はっきりした形式を持たない。弦楽器の穏やかな問いかけにオーボエが応える。問いかけの音型は楽章通して展開され、それに伴う絶妙な和声の変化は非常に美しい。コーダ弦楽器だけに演奏可能な、同音の和音が登場し、リズムの掛け合いや和声に陰りを見せる。

第2楽章 Presto[編集]

44拍子、ソナタ形式。弦楽器がユニゾンで歯切れよく、8分音符の連続を基本とした低音に乗って推進力のある主題を出す。第2主題は雰囲気は変わらないが、同音連打を主調としたフレーズの反復進行による下降が特徴的である。

第3楽章 Menuet - Trio[編集]

メヌエットの主題は後にモーツァルトが作曲するアイネ・クライネ・ナハトムジークのメヌエットに酷似している。トリオはイ短調で、弦だけによる。

第4楽章 Finale: Allegro molto[編集]

44拍子、ソナタ形式の変形。再び推進力のある楽章で、シンコペーションのリズムや同じ音型で進行していく箇所が特徴である。展開部では8分音符6個ずつがまとまりをなし、4拍子に聞こえなくなる箇所がある。再現部は推移部から再現される。

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社ミニスコアのランドンによる序文

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集II(13-27番) OGT 1590』音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1964年のもの)

外部リンク[編集]