交響曲第9番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第9番ハ長調 Hob.I:9 は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドン1762年に作曲した交響曲。自筆楽譜は現存しないが、19世紀には自筆譜が残っており、そこに1762年と記されていたという[1][2]

エステルハージ家の副楽長時代(1761年-1765年)の交響曲ではしばしば協奏曲的に独奏楽器を活躍させることがある。本曲でも第2楽章のフルートや、メヌエットのトリオのオーボエ独奏と管楽五重奏など、音色の工夫が見られる。

全3楽章で構成され、メヌエットで終わる。ハイドン初期の交響曲は3楽章のものが多いが、メヌエットなしの3楽章であることが多く、またメヌエットとは形式が異なり「メヌエットの速さで」(Tempo di Menuetto)と記されたものも3曲ある(4番18番(ただし緩徐楽章で始まる)、30番)。純然たるメヌエットで終わるのは本曲と26番のみである。通常と構成が異なることについて、ニコラウス侯爵の襲爵式(1762年5月17日)に序曲として演奏された可能性も指摘されている[3]

楽器編成[編集]

2本のフルートは第2楽章にのみ出現し、同楽章ではオーボエとホルンは休む。当時のエステルハージ家にはフルート奏者はひとりしかいなかったため、第2フルートはオーボエ奏者の持ち替えだった。交響曲第7番でも同様だったという[4]

当時のハイドンの他の交響曲と同様、チェロ・ファゴット・コントラバスの独立したパートは存在せず、低音の楽譜を演奏するが、メヌエットのトリオで管楽器のみになる箇所ではファゴットのみを使用するように指示されている。

構成[編集]

第1楽章 Allegro molto[編集]

Haydn-Symphony-9-I-bar1-6.png


2/4拍子、ソナタ形式。主和音を3回鳴らした後に速い音階進行をもつ第1主題ではじまる。管楽器のファンファーレの後にト長調に変わり、その後にオーボエとの掛け合いのリズムに特徴がある第2主題が出現する。

第2楽章 Andante[編集]

ト長調、2/4拍子、二部形式。弦楽器とフルート2本によって演奏される。フルートとヴァイオリンを重ねて穏やかな明るい旋律を演奏する。

第3楽章 Finale: Menuetto: Allegretto - Trio[編集]

メヌエット主部では8分音符の分散和音に始まる旋律をヴァイオリンとオーボエを重ねて演奏する。トリオでは弦楽器の伴奏の上を独奏オーボエが旋律を吹く。途中に弦楽器が休んで管楽五重奏(オーボエ2、ホルン2、ファゴット1)によって演奏される箇所が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社ミニスコアのランドン「全体への序」
  2. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第3巻、ウェブスターによる解説。1992年
  3. ^ 大宮(1981) p.175
  4. ^ 大宮(1981) p.174

参考文献[編集]

  • 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集I(1-12番, "A", "B") OGT 1589』 音楽之友社、1981年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)

外部リンク[編集]