交響曲第42番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第42番ニ長調 Hob.I:42は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1771年に作曲した交響曲

演奏時間は約22分[1](ただしホグウッド版全集の演奏は30分以上ある)。

概要[編集]

自筆原稿から1771年の作曲であることが判明している[2]。いわゆるシュトルム・ウント・ドラングの時代にあたるが、本曲は明るい曲調を持つ軽めの音楽になっている。

ハイドンは難しくなりすぎないように気を使っていたらしく、第2楽章の自筆譜の中に「これは学者の耳用すぎた」(Dieses war vor gar zu gelehrte Ohren)と記して書き直した箇所が存在する[3]

ハイドンの交響曲の中で、最終楽章にロンドを使用した初期の例になっている[2][4]。近い時期の交響曲で終楽章に変奏曲風のロンドを使用したものには交響曲第51番(1771-73年ごろ)や交響曲第55番(1774年)がある。とくに後者とは弦楽のみで始まって管楽合奏が続く点でも共通する。

編成[編集]

この時期のほかの交響曲と同様、ファゴットは独立した楽譜を持たず、低音楽器の楽譜を演奏する。ただし、最終楽章の管楽器だけになる箇所で「2台のファゴットまたはチェロ」と指定されている。

曲の構成[編集]

第1楽章 Moderato e maestoso[編集]

22拍子。ヴィオラとチェロによる8分音符の刻みに乗って、ヴァイオリンがアッチャカトゥーラを多用した第1主題を開始する。第2主題は転調を繰り返しながら短調へと向かう。再現部の最後にフォルテッシモでホルンのファンファーレが加わる。

第2楽章 Andantino e cantabile[編集]

イ長調38拍子、ソナタ形式弱音器をつけたヴァイオリンが主題を演奏する。展開部は短調ではじまる。管楽器の使用は控えめだが、再現部ではホルンが重ねられる。

第3楽章 Menuet: Allegretto - Trio[編集]

メヌエット主部は1拍めに三連符が置かれる。トリオは弦楽器のみにより、第1ヴァイオリンが上昇分散和音から長いトリルを演奏する。

第4楽章 Finale: Scherzando e presto[編集]

24拍子、変奏曲風のロンド形式。主題は弦楽器のみで開始する。最初の挿入エピソードは管楽器のみによる。再び弦楽器で16分音符を使って主題が演奏された後、ニ短調のエピソードが挿入される。最後に主題が戻ってきた後に長めのコーダがある。

脚注[編集]

  1. ^ 音楽之友社ミニスコアによる
  2. ^ a b 音楽之友社ミニスコアのランドンによる解説
  3. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第6巻、ウェブスターの解説、1994年
  4. ^ 初期の交響曲第2番もロンドで終わっている

参考文献[編集]

  • 『ハイドン 交響曲集IV(41-49番) OGT 1592』音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)

外部リンク[編集]