交響曲第59番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲 第59番イ長調Hob.I: 59 は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが作曲した交響曲。「火事」(: Feuersymphonie)の通称で知られる。

成立[編集]

自筆原稿は残っていないが、1769年と記された筆写譜があり、ランドンは1766年から1768年の間の作曲と考えている[1]。この交響曲には緩徐楽章にオーボエとホルンが登場するが、ゲルラッハ(Sonja Gerlach)によれば1767年以前のハイドンの交響曲の緩徐楽章では弦楽器のみを使用しているため、1768年ごろの作品である。いわゆる「疾風怒濤期の交響曲」に属するが、同時期の41番65番と並び、娯楽性の高い作品になっている[2]

ハイドンの他の多くの交響曲と同様、通称はハイドン本人によるものではない。ある筆写譜には「1774年にエステルハーザでカール・ヴァール(Karl Wahr)一座によって劇『火事』が上演されたときにその付随音楽として作曲された」と書かれている。1774年にエステルハーザで『大火事』(Die Feuersbrunst)という劇が上演されたのは事実だが、上記の年代と矛盾するためにこの記述は疑わしい。ただし曲の特徴から、この交響曲の少なくとも一部分が劇付随音楽に由来する可能性は高い[2]

楽器編成[編集]

オーボエ2、ホルン2、第1ヴァイオリン、第2ヴァイオリンヴィオラ、低音(チェロファゴットコントラバス

構成[編集]

第1楽章 Presto[編集]

ソナタ形式。第1主題はオクターブ降下する特徴的な音型で勢いよくはじまるが、途中でピアノになっていったん止まる[3]。その後、何事もなかったかのように再開する。提示部の終わりもピアニッシモになる。

第2楽章 Andante o più tosto Allegretto[編集]

イ短調34拍子。弦楽器のみで開始され、途中でハ長調のなめらかな第2主題に転じる。97小節目からイ長調に変わり、ここではじめてオーボエとホルンが加わって第2主題(カンタービレと書かれている)が演奏される。途中でホルンによるフォルテッシモのファンファーレが突然現れるが、すぐに消えてそのまま長調で終わる。

第3楽章 Menuetto - Trio[編集]

メヌエットの動機は第2楽章の第1主題と共通する。トリオはイ短調に転じ、弦楽のみで演奏される。

第4楽章 Allegro assai[編集]

ソナタ形式22拍子。ホルンによる出だしは、ずっと後の交響曲第103番のフィナーレとの類似が指摘される[2]

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) p.176
  2. ^ a b c デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第5巻のウェブスター(James Webster)による解説、1992年
  3. ^ Sisman (1990) pp.342-343

参考文献[編集]

  • 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集VI(58-65番) OGT 1594』 音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1967年のもの)
  • Sisman, Elaine (1990). “Haydn's Theater Symphonies”. Journal of the American Musicological Society 43 (2): 292-352. JSTOR 831616. 

外部リンク[編集]