交響曲第34番 (ハイドン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

交響曲第34番ニ短調Hob.I:34)フランツ・ヨーゼフ・ハイドンが1765年ごろに作曲した交響曲。成立年代や曲の構成については問題がある。

概要[編集]

この曲は1767年のブライトコプフ社カタログに見えており[1]、それ以前の作品であるが、正確な作曲年代は不明である。

曲が短調であることから、1767-1768年ごろにはじまるハイドンのいわゆるシュトゥルム・ウント・ドラング期の先蹤と見なされる。とくに交響曲第49番とは、34拍子の緩徐楽章で開始する教会ソナタ風の構成や、第2楽章の跳躍音程などに共通点が見られる[2]

しかしながら、第1楽章以外がすべてニ長調で、暗さのかけらも見当たらないこと、ハイドンのエントヴルフ・カタログ(草稿目録)に2回現れ、第1楽章でなく第2楽章の冒頭が記されていること[3]、また最終楽章のジーグがきわめて単純であることから、ジェームズ・ウェブスターは従来の説より古い1763-1765年ごろの作品とし、劇の付随音楽をもとにしたパスティッチョの可能性があるとしている[4][5]

編成[編集]

編成はこの時期のハイドンの交響曲に典型的に見られるものである。

曲の構成[編集]

第1楽章 Adagio[編集]

ニ短調。3/4拍子、ソナタ形式。憂鬱な短調の主題ではじまり、ヘ長調に転じてヴァイオリンの16分音符の旋律が続く。

第2楽章 Allegro[編集]

ニ長調、4/4拍子、ソナタ形式。第1主題はオクターブを越える跳躍音程を3回繰り返す。全楽器のユニゾンの後、オーボエによるイ長調の第2主題が現れ、弦楽器のトレモロで盛り上がる。短くまとまった明るい曲である。

第3楽章 Menuet: Moderato - Trio[編集]

ニ長調。メヌエット主部は全奏によるはずんだ音楽。トリオは管楽器を中心とし、オーボエによる旋律を、ホルンがシンコペーションのリズムで伴奏する。

第4楽章 Presto assai[編集]

ニ長調、2/4拍子、三部形式。三連符の連続による軽快なジーグ。中間にニ短調の部分が挿入される。

脚注[編集]

  1. ^ 大宮(1981) 表p.5
  2. ^ Sisman (1990) pp.334-335
  3. ^ Sisman (1990) p.335
  4. ^ デッカ・レコードのホグウッドによるハイドン交響曲全集第4巻、ウェブスターによる解説。1990年
  5. ^ Sisman (1990) pp.332-336 では、同時代の資料に「イギリスの哲学者」(同名のゴルドーニの戯曲がある)と呼ばれている交響曲にあたるという推測を述べている

参考文献[編集]

  • 大宮真琴 『新版 ハイドン』 音楽之友社〈大作曲家 人と作品〉、1981年。ISBN 4276220025
  • 『ハイドン 交響曲集III(28-40番) OGT 1591』 音楽之友社、1982年。(ミニスコア、ランドンによる序文の原文は1965年のもの)
  • Sisman, Elaine (1990). “Haydn's Theater Symphonies”. Journal of the American Musicological Society 43 (2): 292-352. JSTOR 831616. 

外部リンク[編集]